20070106_304177

相愛会総轄実行委員長のメッセージ

「心を引き立てる」一年に!/澤田伸史・相愛会総轄実行委員長

2018年1月1日  


輝かしき新春を寿ぎ、謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も皆様にとって神様の祝福を十全に受け、幸多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
さて、新たな年を迎え、今年一年、自分や家族の健康、幸福、繁栄等を祈り、新たな決意をされたという方も多くいらっしゃることでしょう。
私たちは、「この世の中はコトバ(身・口・意)で出来ている。だから良いコトバを使っていないと良い世界は生まれてこない」と教えられております。せっかくご縁をいただき生長の家の真理にふれ、光明思想にふれてもそれを実際に実行しなければ本当に価値ある生き方とは言えないのです。信仰は「知・信・行」といわれており、真理を知り、そして信じ、さらに自分のできるところからこの「行」を実践していくことが私たちの心を引き立て、さらに生活を調和させ、豊かな幸福生活を顕現していくためにとても重要なことであります。
ときどき、人間の心の中に黒雲が翳(かざ)すときがあります。それは「日時計主義」を忘れたときです。自分が暗くなり、心を引き立てることを忘れていながら、そして不幸が来たからといって光明思想が悪いのではありません。光明思想は実行しなければなりません。
生長の家に入信した当初は、「心を引き立てる」ことを、感激をもって行じたけれども、いつのまにか「心を引き立てる」ことを忘れてしまう人も多勢います。毎日「幸福だ」「ありがたい」「嬉しい」「本当にこれでよくなるぞ」などということばを出すようにしなければ、どこに生長の家に入信した値打があるのでしょうか。毎日一回でもこういう言葉を出した日は幸福ですが、一回でもこういう言葉を出す機会のなかった人は、もうその人の生命が陳(ふる)びかけ、信仰が退転しかけてしまいます。
本年は是非、「心を引き立てる」行を毎日実践し、自分自身をかえりみて、「今日はどうだったか」と考えてみる一年としてみませんか。
皆様にとって素晴らしい躍進の一年となりますよう、お祈り申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です