炭素ゼロ運動

TOP > 炭素ゼロ運動 > 大規模ソーラー発電所の設置

大規模ソーラー発電所の設置

宗教法人として日本で初めてメガソーラーを設置

生長の家では、物質優先のライフスタイルから脱却し、災害による犠牲者を減らし、豊かな自然を守ることは最重要かつ喫緊の課題であると考えます。次世代に“負の遺産”を残さない生き方を実践するためにも、人類文明の主力エネルギーを自然エネルギーに切り替え、その取り組みの一環として、メガソーラーシステムを設置し、皆様からの募金とその利益によって、全国に自然エネルギーを拡大する運動を展開しています。

各発電所の様子

2015年3月に京都府城陽市に1,704kW(一般家庭540世帯分に相当)のメガソーラーを設置し、さらに2015年12月には福島県西郷に771kW(一般家庭233世帯分に相当)のソーラー発電所を設置し稼働させました。
 それに伴い、京都・城陽メガソーラー発電所を対象に、2014年7月1日~2015年12月31日まで、第1期・第2期自然エネルギー拡大募金を実施しました。2016年2月1日からは、福島・西郷ソーラー発電所を対象に第3期自然エネルギー拡大募金を開始し、現在も寄付を募っています。

2カ国語によるウェブサイトを公開中

2016年4月26日から「生長の家自然エネルギー拡大運動」の英語版ウェブサイトを公開し、6月4日には日本語版ウェブサイトをリニューアルしました。詳細は、各サイトをご確認ください。







生長の家 京都・城陽メガソーラー発電所 生長の家 福島・西郷ソーラー発電所

ページトップへ