TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 人づき合いが積極的にできるようになりたい

僕の夢はシステムエンジニアになることで、大学の工学部で学んでいます。同級生たちは、いろんな業種に就職した先輩と食事をしたり、情報交換をしたりして、積極的に就職活動をしています。僕は人づき合いが苦手で、メールをする友人もいませんが、心の中では、友人の輪を広げて、仕事にも生かせるような人間関係をつくりたいという願望があります。だけど、行動に移せません。人づき合いが積極的にできるようになるためのアドバイスをお願いします。
(A・O、21歳、男性、青森県)

回答 周囲の人々によって支えられているという感謝の気持ちで人に接したとき、相手も心を開いてくれます。

回答者:大島 達郎(生長の家本部講師補)

明るく楽しくみんなと同じように健全な生活をしたいと願っていらっしゃいますが、過去の想いにとらわれ過ぎではないでしょうか。高校時代に人から無視されたこと、結婚したときに姑さんにいびられたことは現在のあなたの生活には関係ないということです。
 生長の家では「『今』を全力を出して戦いとれ」と教えています。我々は過去を変えることはできないし、未来もまた今を通さずには動かすことはできないのです。今を完全に生ききったとき、輝く未来が開けてくるのです。

10年間の闘病生活から立ち上がる

A・Oさんのおっしゃるとおり、確かに人づき合いが得意な人とそうでない人がいますね。この違いは、その人のもつ個性の違いではないかと思います。
 では人づき合いの苦手な人がダメなのかといえば、そうではないと思います。人づき合いが苦手ということは、逆から見ると、その分、1人の時間が苦にならず有意義に過ごす力があるということです。だからこそ、地道な作業を続けていくシステムエンジニアという夢が描けているのではないでしょうか。ですから、まずは自分の個性を認め、発揮することを大事にして下さい。
 次に、あなたの中には「友人の輪を広げて、仕事にも生かせるような人間関係をつくりたい」という強い願望がありますね。人づき合いが苦手であっても、人とのつながりの大切さを知り、そういう願望をもつことはすばらしいことだと思います。
 人づき合いに積極的な同級生たちと比べることなく、あなたなりのペースでじっくりと人間関係を作ってみてはいかがでしょうか。行動に移していく上でのポイントをまとめると、次のようになります。
 ① まず、友達になりたいと思う人を見つける。
 ② 友達になりたいと思う人を見つけたら、声をかけられるのを待つだけではなく、挨拶をするなどして、自分から話しかけてみる。
 ③ 挨拶ができるようになったら、今度はお互いに共通する興味のあるもの、楽しめるものをきっかけにして、話をしていく。
 そうした流れを通して、あなたと相手が一緒に感情を分かち合っていくうちに、誠実につき合おうとしているあなたの真心が相手に伝わり、焦らなくても、自然に良い人間関係ができてくるのではないかと思います。

感謝の思いは自分の雰囲気を変える

少し勇気を出して、自分の中の「友達になりたい」という気持ちをあなたなりに素直に表現してみて下さい。「神想観」(生長の家独得の座禅的瞑想法)を行うと、「自分にはそうした勇気があるんだ」という自信がわいてきますから、是非おすすめします。
 神想観については、『新版 詳説神想観』(生長の家創始者・谷口雅春著)、『神想観はすばらしい』(生長の家総裁・谷口清超著、いずれも日本教文社刊)などをお読みになると、その意義や実修法が分かります。時間があれば、教化部(生長の家の布教・伝道の拠点)にお尋ねになるか練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)に参加するとよいでしょう。
 毎日神想観を行っていると、「周囲の人々によって支えられているんだ」という感謝の気持ちに満たされ、その思いがあなたのあたたかい雰囲気となって、あなたが接するすべての人々の心を開くことにもつながります。
 A・Oさんがたくさんのあたたかい人間関係に囲まれ、システムエンジニアとしても活躍されることを心よりお祈りします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年4月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲