TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 人との心の距離を近づけるには?

自分に対する人の態度が急に変わる事をとても多く体験してきました。楽しく人と会話をしたいと思っても、自分の中の何かが邪魔をしてうまく会話ができません。19年間生きてきて、友達だと思える人ができたことがなく、この世界で私が信頼できるのは家族だけだと思うくらい、孤独を感じています。どうしたら人と心の距離を近づけたり、普通に会話できる友達をつくれるのでしょうか。
(M・G、19歳、男性)

回答 相手の姿は自分の心の投影です。自分の心が変われば、相対する人も素晴らしい姿となって現れます。

回答者:阿部 博之(生長の家本部講師)

いつもは何気なく声をかけてくれ、何の意識もすることなく話が出来た友達が急に冷たくなった。そんな経験は案外誰にでもあるものです。
 実は私も半年くらい前から会っても挨拶もしてくれない、顔も会わせてくれない、そんな経験をしました。頻繁に会う機会があるわけではなかったのですが、お会いすれば親しく話が出来ていたのにどうしてこうなったのか? 何が原因なのか? 考えてみました。この前会った時、何か意思の疎通を欠いてしまったことはなかったかと。
 するとあったのですね。自分では知らないでその方を無視してしまっていた、ということに気がついたのです。知らないで犯してしまう罪というものが、私たちの日常には結構あるものです。そのことに気がついたら、素直に謝る。これは大事なことです。
 直接謝罪できなかったら、目を瞑って、"相手の方の笑顔をまぶたのうちに描いて、仲良くお話しなどをしている姿を思い描きながら祈る"という「和解の神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)」を実修してみましょう。必ず仲良くなれます。神想観については、全国の教化部におたずねください。

「自分と他とは一体」の自覚を持つ

自分と相対する人の姿は、自分の心の投影とよく言われます。自分の心を調えれば、相対する人も素晴らしい姿となって現れます。『生命の實相』第40巻(生長の家創始者・谷口雅春著、全40巻、日本教文社刊)には次のような文章があります。

「表情をいつもニコニコとして暮らすようにいたしますと、その人の健康も運命も自然とよくなってくるというのであります。皆様も、あるいは教室生活においても、あるいは家庭生活においても、あるいは社会生活においても、常に『われすでに幸福なり、幸福のほかなし』と莞爾として微笑しておられましたら必ず運命が好転してまいります。子供の健康でも家庭の平和でも、ひいては良人の事業の成功でもいい具合にすべてのことが好転してくるのであります」(110ページ)

また、『新版 真理』第1巻(谷口雅春著、日本教文社刊)には、本当に仲良くなるには、相手の懐に飛び込み、自分と他とは一体である。一つであるとの自覚を持つことが大切である。自分という我があって、相手と分れていると思う限りは仲良くなれない。世界でも家庭でも一つになるところに仲が好くなる道があるという主旨が記されています(181〜182ページ参照)

人間の存在は神の子であり、本当に素晴らしく、皆、兄弟姉妹です。自分の生命も相手の命も霊的存在だと知ることが大切です。明るい心で笑顔いっぱいに生活していけば、あなたの心と波長の合う人が現れ、素晴らしい友達が出来ること間違いありません。

(生長の家静岡教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成19年4月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲