TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 自分が嫌いで自信も持てない

私は自分を好きになれません。そのせいか自信も持てず、他人にも厳しくなってしまいます。人の顔色や言葉がとにかく気になって〈何か思われてるんじゃないか〉とか、〈私のことが嫌いだからあんなことを言っているんだ〉と思ってしまいます。そして過去に言われて傷ついた言葉が頭をよぎるたびに怒ってる自分がいます。どうすれば人を許し、自分に自信が持てるようになれるのでしょうか。
(Y・J、30歳、女性)

回答 「人間は神の子であり、すべての生命は神において一体」との自覚が、あなたに自信をもたらします

回答者:岩崎 弘行(生長の家本部講師補)

お手紙拝見しました。そしてビックリしました。まるで自分の若い頃(といってもまだまだ若いつもりですが)の悩みそのものではないかと思ったからです。私も27歳で本格的に生長の家の御教えを学ぶまでは、人前で話をすることさえ出来ない消極的な人間だったのです。
 私の出身は、鹿児島県の寒村で、ツギハギだらけのズボンや他の人のお下がりの服で学校へ行ったり、遊んだりという事が当たり前でした。しかし、家庭の事情で小学2年生の時、岐阜県の町へ引っ越しました。学校ではそのような服を着ている子は一人もいません。また、方言や学力のレベルの違いで勉強についていけず、先生に毎日のように叱られていました。
 高学年になった頃は、イジメにも遭いました。中学生になってようやく親しい友人ができましたが、高校生になって離ればなれになってしまうと、何事に対してもやる気が起こらなくなりました。両親に対しても感謝の心も起こらず、早く家から出たいという思いしかありませんでした。
 高校3年生の時、友人の誘いで高校生練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)に参加しました。そこで、日本の国の素晴らしさについて学んだことが印象に残りました。そして自分の国は自分の手で守りたいという思いが強くなり、自衛隊に入りたいと思うようになりました。ついに私は両親の反対を押し切って航空自衛隊に入隊したのです。
 そして毎日の厳しい訓練に耐え、5年間勤務しましたが、政治や社会の事に対して不平や不満を持つようになっていました。その思いが内臓の病気となって現れ、入院・手術を繰り返しました。またもや私は自分自身や他人、社会に対して嫌悪感を持ち、自信を無くして失意のどん底へ落ちてしまったのです。
 このままだと、あと1年のいのちであると医者から言われた事を母が教えてくれました。それでも両親はいろいろな健康法や高価な健康器具にお金を使い、早く元気になるようにご先祖様に祈っていてくれたのです。

本当の自分は尊い存在であると知る

そんなある日、高校生練成会でお世話になった先輩から生長の家宇治別格本山の一般練成会への参加を勧める電話が入り、参加することにしました。その時は、真剣に一所懸命受講しました。そして「人間は肉体ではなく、神の生命そのものである」「人間は神の子で、すべての生命が神において一体である」という真理が実感として理解出来たのです。
 すると今までの自己嫌悪や他人を裁く心など無くなっていました。本当の自分は尊い存在であると知り、自信が持てるようになったことは、言うまでもありません。今度は、この素晴らしい御教えを多くの人達に伝えたいという思いで、現在、生長の家本部で働かせて頂いております。
 あなたにまず知ってほしいのは、自分には素晴らしい神の生命が宿っているということです。それを実感するには「神想観」という生長の家独得の座禅的瞑想法を実修することです。これを毎日続けてみて下さい。神想観については『神想観はすばらしい』(生長の家総裁・谷口清超著、日本教文社刊)に詳しく書かれております。
 そしてぜひ、各地で行われている練成会に参加され、真理を体感・体得して下さい。「神の子」として自覚がますます深まり、自信をもって人生を歩んでいけます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成19年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲