TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 志望大学に受かりたいが努力が苦手です

薬科大学を目指して1浪していますが、来年も受かる自信がありません。予備校も休まず出席しているのですが、努力が苦手で力が入りません。成績もあまり伸びず、先生からも「今のままでは難しい」と言われます。母が薬剤師で、私も同じ道に進みたいという思いはあるのですが、その実現のための努力がどうしても続かないのです。根気強くものごとを成し遂げる自分に変わるには、どういう心掛けが必要ですか。
(H・J、19歳、女性)

回答 「こうなりたい自分」を心に描き、明るい言葉を自分に語りかけて無限力を引きだしましょう

回答者:葛原 敏雄(生長の家本部講師)

大学受験も近づいて焦っておられることと拝察します。しかし、この困難な問題から目をそらさずに正面から見据えて取り組んでいくことが必要です。むしろ、問題があることによって、自分の魂が伸びるのです。それは上級の学校に入る時ほど難しい問題を解かないといけないように、魂が進歩するに従って、難しい問題が与えられるということです。
 人は誰しも、いやな苦しい問題から逃げたいと思いますが、そこから逃げると必ず似たような問題が再び与えられるということを私自身、経験してきました。結局、問題は自分の心の影であり、いくら逃げても、また現れてくるのです。魂の向上のためだと知ると、どんな問題でも苦でなくなり、むしろ感謝することができます。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は希望実現のために、次のような心の姿勢をお説きになっています。

「人々よ、今夢を描け。いかに今諸君が貧しくとも、夢の世界に於てはもう富んでいるのである。今いかに不幸であろうとも夢の世界ではすでに幸福であるのである。もしすべての存在が心によって造られたものであるということを諸君が今すぐ知り得るならば、諸君はすでに現在の貧しい不幸な状態から、新しい豊かなる幸福な世界に生まれ変わっているのと同様なのである。(中略)
 しかし夢はただ描くだけでは一種の自慰作用にすぎないのであって、よき子を生むことができないのである。諸君は自己の描いたる夢を実現せんがための、その夢にふさわしき決意をもたなければならない。『吾これを為さんと決意す、必ずこれは実現す』との決意をもたなければならないのである。決意の次には断行の勇気と、その目的実現の窮 極に到るまで強烈なる意志の持続力と粘着性とをもたなければならないのである。夢がたんなる空想であるか、実現する夢となるかは、実行の決意と、断行の勇気と、目的を貫徹するまで努力を休めない粘着力とがあるとないとによってきまるのである」(『青年の書』日本教文社刊、26〜27ページ)

能力や才能は、呼び出せばいくらでも発揮できる

努力が続かないとのことですが、それはニセモノの自分であって、本当のあなたは、根気が続かないということなどはないのです。
 生長の家の本の中には、「人間は神の子である、誰にでも無限力がある」という言葉が随所に書かれています。つまり本当のあなたは「神の子」だということです。このことをまず自覚していただきたいですね。そして無限力とは、字のごとく「限りの無い力」のことですから、想像を絶するすばらしい力が自分の中にある、ということなのです。
 しかし、それを現実に自分の生活に現し出すにはどうしたらいいのでしょうか。無限力を引きだすには「言葉の力」という方法があるのです。
 言葉には創り出す力があります。自分が「こんな人間になりたい」と思う理想の人間を、あたかもすでに実現しているかのように、繰り返し繰り返し自分に言い聞かせるのです。
 あなたの場合、すでに大学に合格し、いきいきと薬学の勉強をしている自分を心に描き、明るい感謝の言葉を自分に語りかけるのです。こうやって自分の中にある無限力に働きかけてみましょう。能力や才能は呼び出すことによって、いくらでも発揮することができます。自分は「神の子」の信念で、明るく受験勉強に取り組んで下さい。

(生長の家奈良教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成19年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲