TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 愚痴っぽい自分。人生を明るくしたい

最近付き合い始めた彼女から、「あなたといると愚痴が多くて、暗い話ばかりするから面白くない」と言われ、ショックを受けました。そう言われてみると、自分でも「最近つまんねえ」とか、「面白くねえ」とか、そういった言葉がよく出ます。仕事をやっていても楽しくないし、欲しい物を買いたくてもお金は無いし、親とはけんかばかりで家にはいたくないし、要するにつまらないことばかりでイライラすることが多すぎるんです。もし今からでも楽しい人生に変えることができるなら、教えて下さい。
(H・E、21歳、男性)

回答 今、すでに与えられているものに感謝の心を起こす事が幸福への近道です

回答者:北島 修二(生長の家本部講師)

好きな異性から「あなたといると面白くない」なんて言われたらショックですね。その気持ち大変よく解ります。さて生長の家創始者・谷口雅春先生は、ご著書『新版 真理』第1巻(日本教文社刊)に「幸福になるための心構え」として次のようにお書きになっています。

「あなたは、幸福とはどんな事か知っていますか。幸福とは大きな事が来ることだとばかり思っていますと、毎日来ている本当の幸福を看過みのが してしまうことになります。本当の幸福とうものは小さな出来事の一つ一つを感謝の心をもって受けることによって得られます。(中略)朝、太陽の昇るのを見る喜び、空気を吸う喜び、 きとおった水で顔を洗う喜び、御飯ごはん をいただくときの喜び、勉強する喜び、お父さんやお母さんや姉さんや兄さんや、妹や弟の顔を見る喜び、こうした喜びが始終つづいているのが本当の幸福なのであります。
 そうした本当の幸福を受けないでいて、幸福は何処どこ か遠いところに物凄い大きな恰好かっこう をしてそび え立っていると思うのですから、本当の幸福が常に得られないのであります」(226〜227ページ)

お金がない人の中には、お金さえあれば自分は幸福になれるのだと思う人がいます。病気の人の中には、健康でさえあれば自分は幸福なのだと思う人がいます。しかし、お金がたくさんあり、健康であるからといって、その人が間違いなく幸福であるかというと必ずしもそうではありません。
 幸福とは心の問題であって、ある物質的条件を揃えたら、人は必ず幸せになるのだというものではありません。周囲を見渡して、常に何か不足しているものを見つけだし、その事に不満をいだいている人は、いつまでたっても幸福にはなれません。大切な事は、今すでに与えられているものに感謝の心を起こす事であり、それができる人は、たちまちに幸福になれるのです。

明るい心が明るい出来事を引き寄せる

あなたには、『日時計日記』(生長の家刊)をつける事をお勧めします。『日時計日記』とは、嬉しかった事、楽しかった事、ありがたかった事、感動した事等々、その日感じた明るい出来事のみを記録していく日記です。暗い事は書きません。どんなささいな事でもいいですから、明るい事を見つけて日記に記していくのです。
 明るい事のみを思う習慣が身に付くと、あなたの心は幸福感で満たされ、そして明るい心には今後明るい出来事が引き寄せられてきます。これは「類は類をもって集まる」という「心の法則」であると生長の家では説いています。
 あなたにとっての現状は、「仕事はつまらない、欲しい物は買えない、親とは喧嘩ばかり」という事ですが、本当は仕事があるだけでもありがたい事なのではないでしょうか。世の中には、就職したくても就職先が見つからずに困っている人がいます。今日の食べものすら満足に得られずに えに苦しむ人がいます。親の名前さえ知らずに人生を歩む人もいます。そのような人々もいらっしゃるという事を、あなたもきっとご存知だと思います。
 人生においては、必ずしも順風満帆な時ばかりではありません。つらく苦しい思いをする事もあるでしょう。しかしそのような時、その体験は、あなたの魂を磨いてくれ、あなたの内面にある愛や智慧を引き出す役目を果たしてくれるのです。そしてあなたを生長させてくれているのです。
 生長の家ではそういった体験談がたくさんあります。一度、生長の家の練成会(合宿して教えを学び、実践するつどい)に参加されることをお勧めします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成20年6月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲