TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 嫌な態度をとる同僚とどう接すればいい?

同僚のAさんのことで悩んでいます。Aさんは周囲には感じが良いのですが、私に対してだけものすごく嫌な態度をします。それは第三者にもわかります。会話は一切無く、伝えたいときは互いにメモを書き置きする状態です。気分が悪いからそういう態度をしないでと言ったところ、以前よりは普通になったのですが、気に入らないことがあるとものすごい態度をします。他の部署の人に相談したところ、「私に辞めてほしいのでは?」と言われました。私はこのまま気にしないで仕事をしていくべきでしょうか。楽しく仕事をしたいです。
(S・Y、39歳、女性)

回答 “善一元の世界”を信じ、嫌な態度のAさんではなく、笑顔でやさしいAさんを心の目で見ましょう

回答者:源 明子(生長の家本部講師補)

私たちの生活において、どのように人間関係を築くかということは、非常に重要なことです。とりわけ、一日のうち過ごす時間の長い家庭や、職場においての人間関係に悩む人は多いのではないでしょうか?
 私は、ふだんから誌友会(全国で開催されている生長の家の教えを学ぶ集い)等に参加しますが、人間関係についての相談を受けることがあります。従って、Sさんのつらいお気持ちがよくわかり、職場での人間関係が早く改善されることを切にのぞみます。そこで、楽しくお仕事をしたいと希望されるSさんに、ぜひ挑戦していただきたいことをいくつか紹介いたします。
「心の法則」ということを耳にされたことはありますか? 自分の心の中で思うことが自分の生活にそのまま現れてくるという法則です。明るい楽しいことを終始考える人の生活は幸福に満ち、すばらしいことがたくさん起こります。反対に、不平や不満が常にある人の生活は、残念ながらつまらなくおもしろくないことが起こるのです。
 あなたは、一日24時間のうちどのくらいの時間、プラス思考でいるのか、マイナス思考でいるのか、普段の生活を思い返してみてください。「心の法則」をよく理解し、自分の心を上手にコントロールできるようになると、明るく楽しい人生を送る“成功の鍵”をひとつ手に入れたようなものです。
 次なる“成功の鍵”、“日時計主義の生活”をご紹介します。日時計主義とは、人や物事の明るい良い方面のみを見るようにし、できるだけ嫌なこと悪いことに心を留めないような生き方をすることです。生長の家総裁・谷口雅宣先生の御著書の『太陽はいつも輝いている』(107頁)の中に紹介されているエレノア・ポーターという作家が書いた「少女パレアナ」のお話を知っていますか?
 少女パレアナは、とても“喜びを発見するゲーム”が上手な女の子です。一見不幸で不平等とみえる状況で、よかったことを探します。貧しくて鏡のない部屋で、パレアナは、“鏡のないおかげで自分の嫌いなそばかす顔をみなくてもよい、あ〜よかった! そして、絵なんて飾らなくても、窓からはこんなにすてきな景色が見える! あ〜よかった!”このようなスーパーポジティヴ(前向き)なパレアナは、どんどん自分の手で幸せをつかんでいきました。これは“日時計主義の生活”、悪や不足を見ず、良きことのみを探し、思い、実行したすばらしい例ではないでしょうか?
 私は幼い頃に母に勧められ、彼女のような生き方にあこがれ、実践してきました。そのおかげで、“良いこと”を発見するのがたいへん得意になりました。ぜひ、“喜びを発見するゲーム”を日常生活の中でやってみてください!!

自分が職場の“光”となろう

この世の中は、本来“善一元の世界”であり、悪とみえることが現れるのは、人間の心が創り出した世界で、本来“悪は無い”のです。Aさんの態度に一挙手一投足、心を振り回されるのではなく、そっと目をとじ深呼吸をし、心の目を開いて、嫌な態度のAさん(ニセモノ)ではなく、笑顔でやさしいAさん(ホンモノ)を見つめてください。そして日時計主義を日々実践し、Sさんが職場の“光”となったとき、闇に対し、光を当てるとその闇があっという間に姿を消すように、悪とみえていたことが雲散霧消してしまいます。
 その他にも、生長の家では、たくさんの“成功の鍵”を知ることができます。ご紹介した方法をお試しになってください。もし興味があれば、どうぞお近くの練成道場やまた各地域の青年誌友会(教えを学ぶ集い)等にご参加されることをお勧めします。
 たくさんの仲間達が温かく迎えて下さり、そして、必ず人生が良き方向へ運ぶ方法を発見することができます。Aさんと調和され、すばらしい職場で楽しくお仕事を続けられることを心からお祈りいたします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年4月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲