TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 幸せそうな妹をねたんでしまいます

すぐ下の妹は生意気で、平気で人を見下す言葉を使うので私はすごく傷つきます。正直、憎いとさえ思います。昔から妹とウマが合わず、嫌な思いばかりしました。私だって早く結婚して赤ちゃんがほしいのに、妹は全部手に入れて幸せすぎるから自分のことしか考えないんです。私は幸せそうな妹がうらやましくもあり、憎いのです。どうして私ばかり不幸なのでしょうか。私がこんな風だからよけい妹にバカにされるのでしょうか? もっと変わりたい。でもどうすればいいのか分かりません。
(E・Y、28歳、女性)

回答 人の幸せは自分の幸せと思い、祝福するあなたの愛念が、妹さんの姿となって現れてきます

回答者:堀端 芳樹(生長の家本部講師)

幸せそうな妹をねたんで、憎んでおられ、どうして自分ばかりが不幸なのか、もっと自分が変わりたいとのことですが、次のように考えられてはいかがでしょうか。
 第一に、この世界は現世うつしよといい、鏡の世界であります。自分の心が鏡のように映し出され、相手に現れるのです。
 従って、妹さんが生意気で人を見下す言葉を使ってすごく傷つくと言われますが、そのような妹さんの姿は、実はあなたの心が映し出されているともいえるわけであります。逆に言えば、あなたの心が変われば、妹さんの姿も変わってくるのです。
 生長の家総裁・谷口雅宣先生著『日時計主義とは何か?』(生長の家刊)の51頁で次のように示されております。

「『現実世界は、人間の感覚と心によって形づくられる』と表現することができる。もしこの命題が正しければ、私たちが『現実』と呼んでいる世界は、頑強で変えがたい不変・不動の世界ではなく、私たちの『感覚』と『心』によって変えることができる蕫可変的で柔軟な世界﨟ということになる」(51~52頁)

このように、感覚と心を変えることによって、現実世界を変えることができるのです。
 それでは、どのようにすれば、心を変えることができるかと思われるでしょうか。その方法の一つが「日時計主義」の生き方です。
 先の書に「日時計主義とは、『輝く喜びの時刻だけを記憶し、語り、思い出す』ような生き方を、個人の日常生活のレベルから巻き起こし、その生き方を多くの人々に広めることによって、社会にも変化を起こし、現実世界を明るく、積極的な方向に変えることを目指している」(52~53頁)と示されています。

どんなときも相手の美点・好意を見る

日時計主義の具体的な方法として、生長の家創始者・谷口雅春先生は次のように示されています。

ひとが現に目の前で自分に対しておもしろくないことをしているのに、どうしてその人の内にある神をわれらは拝みうる境地に達しうるか。それにはまず心的練習メンタルトレーニングを必要とするのである。げんに悲しい事件があるのに鏡の前でできるだけ愉快な顔をし、これによって悲しみを征服して、ついに自分のヒステリーを根治した婦人のように、諸君は相手の美点をできるだけ心に描くように練習しなくてはならぬ。それは必ず練習によって到達しうるのである。(中略)相手が自分にたとい悪意を抱いていると信ずべき根拠があるにしても、相手の好意を見るようにするのである」(『生命の實相』第7巻31~32頁、日本教文社刊)

このように、相手のすばらしい点を心に描く実践を行うことにより、相手を拝むことができるのです。子供の頃に姉妹で楽しく遊んだことや、他にも楽しい思い出が必ずあるはずです。楽しかったこと、面白かったことを積極的に心に印象するようにして下さい。
 またあなたは、お姉さんであるので、自分の妹が結婚して、赤ちゃんがあることに対してはむしろ、共に喜んであげることです。かわいい妹の幸せは自分の幸せと思い、心から祝福してあげますと、あなたの心が次第に愛念のある心へと変わってきます。心が変わると、おのずと環境(妹の姿)が変わってくるのであります。
 あなたは妹さんを通して、「愛の段階」の学びをしているともいえるのです。結果の利益を予想する功利的な愛から進んで、相手が喜んでくれるから愛する段階へ。さらに進んで自分の愛の行為を忘れてしまうような無償の愛に至るのです。
 以上のことを心にとめて、常に明るく愛念に満ちた感謝の生活を送るようにすると、本来のすばらしいあなたに生まれ変わることができるのです。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年9月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲