TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 友達が避けるようになりました

小さい頃からあまりしゃべらない性格で、一学期まで普通にクラスに仲の良い友達がいましたが、夏休み明けに会うと、友達が私を避けるようになりました。「何かしたのかな?」と聞いても「大丈夫だよ」と言うだけで、話をしてくれません。話せる友達がいないため寂しくて、これから新しい友達が出来るかどうかも不安です。
(高校一年、女性)

回答 相手に「与える」表現力を伸ばそう

回答者:中西 敦子(生長の家本部講師補)

仲の良かった友達が急に態度を変えたとのこと、とても寂しい思いをしましたね。しかし学校には、いろんな考えを持った人達が集まっていますから、特定の人とだけ仲良くしていたのでは、もったいないと思います。そう考えて、心を少し前向きにしてみませんか。

自分を少し変えてみる

あなたは、あまりしゃべらない性格とのことですが、それが美徳であることもあります。おしゃべりではなくひかえめな性格を好む人も少なくないでしょう。つまり、それが原因で友達が避けるようになったのではなく、なにかが足りなかったのではないでしょうか。
 例えば、自分の思いをしっかりと伝えなければいけない時なのに黙っていたとか、相手が相づちを打って欲しい時に、あなたがそうしなかったとか……。そんなことが続くと、相手は寂しい思いをします。せっかく日々のいろんな想いを共有したいと思って話しても、張り合いがなければ、退屈に思うことでしょう。
 余計なことは言わないという美徳はあっても、相手の気持ちに共感してあげるという 表現が欠けていると、せっかくの美徳も逃げていってしまいます。
 もしあなたが、今回のように突然、理由も言わず離れていってしまうような上辺うわべだけの友達ではなく、真の友と呼べる友達を持ちたいと思うのであれば、今の自分を変えてみませんか?
 相手を自分の望み通りに変えるのは難しいけれど、自分を変えることならできるのですから。

「与える」練習をしよう

では、どうしたらいいのでしょうか?
   それは、あなたがほんの少し努力をして、相手の気持ちを受けとめ、ともに喜ぶという表現力を身につけていくことです。キーワードは「与える」ということ。その練習をしていけば、必ずあなたに最も相応ふさわしい親友ができることでしょう。
 今回の出来事は、あなたがすでに持っている素晴らしい感性を引き出してくれる絶好のチャンスなのです。それは、これからの人生の大事な基盤ともなり、あなたの幸せを確実なものにしてくれるでしょう。
 それから、両親とのコミュニケーションも大事にすることです。朝の挨拶あいさつはもちろん、日常の学校生活のことなども報告してあげて下さい。それは親への感謝の気持ちを「与える」ことになりますので、より一層、家族のきずなが深まって、あなたを加護する力は強まり、運が良くなりますよ。

このQ & Aは、『日時計24』No.56に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲