TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 女性に心を開くにはどうしたら?

中学時代から女性と話すのが苦手にがてになりました。高校生になっても相変わらずで、普通に話をすることができず、専門学校に入学後も、女性が怖くてしかたがありません。早くそうした気持ちから抜け出して自信を取り戻して、女性に心を開きたいのですが、どうしたらいいでしょうか。
(23歳、男性)

回答 本来「素晴らしい自分」があります

回答者:田中 明憲(生長の家本部講師)

大なり小なり、男性は女性に対して、逆に女性は男性に対して、一時は苦手意識のようなものを感じることがあると思います。私自身も、中学や高校時代を思い出してみると、周囲には女生徒と気さくに話をしている男友達もいて、よくあんなに自然に会話ができるなあと思うこともありました。中学時代といえば、異性を過剰かじょうに意識しはじめる頃。あなたが女性が苦手になった原因は詳しくは分かりませんが、ポイントは「自信を取り戻す」ことだと思います。
 生長の家では「人間は神の子である」と教えています。現在の自分がどんなに不完全な姿であっても、その奥には神や仏と同様の完全円満かんぜんえんまんな自分があり、それこそが本来の自分であるという意味です。「自分を変えたい」という思いがあるのは、あなたの中に本来の「素晴らしい自分」がある証拠しょうこですから、ぜひ自信をもって下さい。

そのままの自分を見てもらう気持ちで

ところで、女性からみて「話し上手な男性」=「好感のもてる男性」では、必ずしもないようです。大切なのは表面をつくろうことではなく、あなたの女性に対する心のこもった思いやりのある言葉や真摯しんしな態度です。それがわかってもらえない女性には、何を思われようと気にしないことです。
 また、女性が怖いという場合、何か自分の欠点を見透みすかされてしまうという意識があるため、それを隠そうとして恐怖心につながることもあります。仮に自分が60点だとすると、背伸びをして90点や100点の自分に見せようとせず、60点のそのままの自分を見てもらう気持ちになると心が落ち着き、恐怖心も無くなり、かえって欠点も出なくなるものです。

母親に感謝していますか

まずは、自分に自信を持つために、今やるべきことに集中すること。いま通われている専門学校で習得できることをしっかり身に付けることです。そうして、第一のものを第一にする生活をしながら、様々なことにも積極的せっきょくてきにチャレンジしてみましょう。
 さらに、これまであなたの最も身近にいた女性は、母親だと思います。生長の家では「神に感謝しても父母ちちははに感謝しない者は神の心にかなわぬ」という教えがあります。母親との関係は、あなたと世の女性との関係に影響するのです。
 これまでの母親のご恩に感謝し、その思いを精一杯親孝行して表現することで、あなたに自信がうまれ、女性に心を開けるようになると思います。
 生長の家では、合宿して教えを学び、実践する練成会という行事が各地で開催されていますので、ぜひ一度、参加されることをお勧めいたします。

このQ & Aは、『日時計24』No.60に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲