TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 人との接し方が分からず、寂しいです

私は子どもの頃からいじめに遭い、三十代になった今も周囲の人と親しくなる方法が分からず、寂しい思いをしています。両親は夫婦喧嘩が多く、私は暴力を受けて育ちました。今は両親との過去は水に流し、心は楽になりましたが、出会う人との人間関係にはいつも緊張と不安感がつきまとい、きずなを作っていけません。
(A子・30代)

回答

回答者:小池 聖明(生長の家本部講師)

緊張と不安が続く毎日は、さぞかしつらいことと、お察しいたします。しかし、相談文からすると、あなたの心の底には「周囲の人と親しくなりたい」という思いがありますので、その思いは必ず成就します。
 まず、家族や近所の人、職場の上司、同僚など縁のあるの方々の顔を思い浮かべて、「◯◯さんは素晴らしい人です。ありがとうございます」と心の中で感謝の言葉を唱えてみましょう。周囲の環境は、心で描いた世界が展開したものですから、周囲の人たちを心の中で愛することができるようになると、その展開として、実際に接する時も、愛の心で自然体で接することができるようになります。
 周囲の人に、笑顔で挨拶をすることを心がけてもいいですね。何かをしてもらったら必ず「ありがとうございます」と笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう。このような周囲への愛の行いを、生長の家では「愛行あいぎょう」と言います。愛行を日々積み重ねていけば、心が緊張感から解き放たれ、人と親しくなれるのは時間の問題です。なぜなら、愛を与える行為が、次第にあなたの人格的な魅力となって、周囲にその雰囲気が放散されるからです。
 自分自身を讃嘆できるようになることも大切です。生長の家では、「人間は神の子で、無限の知恵と愛を宿した存在である」と説いています。例えば、毎朝起きた時に、生長の家独得の座禅的瞑想法である神想観しんそうかんを行い、そのことを心に想いかんずるのです。そして、「私は神様から愛され、護られ、導かれている素晴らしい存在です」と自分に呼びかけてみましょう。すると、神様から愛されている自分は、周囲の人を愛する力があるということが徐々に自覚されてきます。愛の雰囲気に満たされたあなたの周囲には、自然と人が集まってくるでしょう。
「必ず良くなる!」と、あなたの素晴らしい人生を心から応援させていただきます。合宿形式で教えを学ぶ練成会(59ページ参照)では、神想観の方法も学べます。ぜひご参加下さい。

このQ & Aは、『白鳩』No.65に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲