TOP > Q & A > 人間関係

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの人間関係は?

質問 人から信頼される性格になりたいです

休日に友達と遊びに出かけたいのですが、その気力がなく、誘うことが出来ません。行動力がないのは、性格が優柔不断で、意思表示がはっきりしないからだと思います。自分に自信が持てず、それで周りを困らせてしまいます。もっと積極的になって、周りから信頼されるようになりたいです。
(高1・女子)

回答まず笑顔をつくることから始めよう

回答者:石川 雅弘(生長の家本部講師補)

あなたは「自分に自信が持てない」と自分のことを分析されていますね。たしかに自信がなければ、明るくなれず、友達も一緒にいて楽しくないでしょうから、休日に遊びに出かける友達も中々できないでしょう。
 私も小学生の時に、こんな経験があります。実は私は、小学校四年生まで自転車に乗れなかったのです。その一方で、勉強の成績は非常によく、しかも、父親にうるさく言われてピアノを習わされていました。
 おそらくあなたから見たら、勉強ができてピアノが弾ける少年は、素晴らしいと思うでしょう。しかし自転車にも乗れず、スポーツが苦手な少年にとっては、それが劣等感れっとうかんの材料になるのです。

自分に対する見方を変えよう

ところがある時、学校でマラソン大会がありました。自転車に乗れないため、いつも友達の後ろを走って付いて行っていた私は、知らず知らず、マラソンが得意になっていたのでした。そしてクラス一番でゴールインしました。それがきっかけで、私は積極的な性格へと変わっていったのです。
 人間は面白いもので、自分の足りない部分ばかりに目を向け、自分はダメだと思っているうちは、人の目にも自信がなさそうに映ります。しかし自分に対する見方を変えて、「自分はできる」という自信をもつと、他人から見ても、ガラッと変わって見えるものです。

『日時計日記』に良いことを書いてみよう

ですから、自分のダメな面ではなく、よい面に心を向けましょう。生長の家ではそれを「日時計主義」と呼んでいます。『日時計主義とは何か?』(生長の家刊)には、「日時計主義」の生き方について、次のように説明されています。

「一言で言うと『われは太陽の輝く時刻のみを記録する』ということです。それが日時計という道具の仕事ですから。太陽が照っていないときには、日時計は文字盤に影を落とさないので時刻を記録しない。太陽が照っているときには、影によってその時刻を記録する――そういうふうに私たちも、人生の中の『明るい時』だけを自分の心に印象づけて生きるのが生長の家の生き方であるというわけです」(95ページ)

あなたも、自分が優柔不断だということは一旦忘れて、「日時計主義」の生き方を実践し、まず周囲の友達のために笑顔をつくることを考えてはいかがでしょうか? そのためにも、毎日の生活の中の明るく積極的な面だけを記す『日時計日記』(生長の家刊)をつけてみると良いと思います。
 素晴らしい笑顔で、友達のに溶け込んでいるあなたに期待いたします。

このQ & Aは、『日時計24』No.70に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲