TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 アルバイトの面接でうまく話せず、不採用になってしまいます

私はもともと、人と話すことが得意ではありません。高校卒業後、進路が決まらず、就職も出来ず、家に引きこもっていました。ただ、このままではいけないという思いから、アルバイトの面接に行ったこともありますが、うまく話すことができず、いつも不採用になってしまいます。なんとか働き始めたいと思っていますが、どうしたらよいでしょうか?
(24歳、男性)

回答 仕事にかける熱い思いを書きだしてみよう

回答者: 山本 一信(生長の家本部講師)

あなたは「アルバイトの面接で、うまく話せなかったことが不採用の原因」と考えているようですね。ただ、面接はほぼ初対面の相手、多くの場合は目上の人と対話するわけですから、緊張してうまく話せない方が当たり前です。ですから、そのことを補う手段を考えてみてはいかがでしょうか。
 例えば、履歴書の志望動機欄に、このアルバイトにかける熱い思いを書き連ねるのも一つの方法だと思います。書いてみることで、あなたの思いを再確認できるはずです。その中で、「過去に引きこもっていた自分なんて、どうせ不採用だろう」といった消極的な考えが出てくるかもしれません。でも、「そんな自分ではだめだ」といった自分を否定する思いが出てくるのは、本来すばらしい「本当の自分」が、まだ現れていない証拠でもあるのです。

切なる願いが未来をつくる

生長の家では「人間神の子」と「心の法則」を説きます。これは、「具体的には、人間の本質を善と見る人間観と、心によって現実の世界は作られるという考え方」(生長の家白鳩会総裁・谷口純子著『平和のレシピ』「はしがき」より。生長の家刊)です。 今、あなたが抱いている「こんな自分ではだめだ」「働き始めたい」という思いは、あなた自身の「善なる本質」からき上がって来た切なる願いであり、その願い(心)が現実の世界、つまりあなたの"未来"をつくっていくのです。
 また、私が面接官だったら、「高校卒業後、進路が決まらなかったことや、家に閉じこもっていたことから何を学びましたか」ということを、必ず確認すると思います。それは、そのような状況から立ち上がろうとするあなたの決意が、どれほどのものなのかを確かめたいからです。そうは言っても、自分を必要以上に飾ることはありません。
 「人と話すことが苦手」「閉じこもっていた」ということがあったとしても、今は働きたいという思いを強くもっていることを、相手に正直に伝えればよいのです。

転んでも立ち上がればいい

さらに言えば、アルバイトに採用されることが最終的なゴールではありませんから、働き始めてからも「初心忘るべからず」で、現在の気持ちを持ち続けることが大切です。
 この世界は「心でつくる世界」ですから、あなたが苦手を克服こくふくしようという前向きな姿勢を持ち続けていれば、あなたを応援しようという人が現れてくるものです。前向きに生きる中でも失敗することがあるでしょう。しかし、転んだとしても、また立ち上がればよいのです。あせることはありません。明るい未来を信じ、明るい心で仕事探しにチャレンジしてください。

このQ & Aは、『日時計24』No.65に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲