TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 毎朝、仕事に行くのが憂鬱です

就職して1年経ちますが、朝起きて「さあ、行こう」という気分になったことがありません。特に日曜の夜は、明日から仕事が始まると思うと憂鬱になります。もともと事務職を希望していたのに苦手な営業職を任され、残業が多いこともやる気の出ない理由です。自分は人生を失敗したのではないかと落ち込んでいます。どうすれば楽しく働くことができるのでしょうか。
(H・T、23歳、女性、広島県)

回答 仕事は魂を磨いてくれる絶好の場。困難を乗り越えたところに魂の生長があるのです

回答者:大内 祥行(生長の家本部講師補)

仕事に行くのが憂鬱とのことで、それは大変にお困りでしょう。でも、大丈夫ですよ。必ずあなたなら、解決できます。
私は以前に銀行に勤めていたことがありました。入社して1年目は、店内での事務仕事中心でしたが、2年目には、営業マンとして、外に出されました。社内では、営業1年生として扱ってくれますが、外のお客様にはあくまでも営業のプロとして見られるので、こちらの知識不足や自信のない応対によりトラブルが毎日起って、あなた同様、憂鬱な毎日を送っていました。
 しかし、天の助けか、地元で生長の家の青年会の方と知り合いになり、また、その方が幸運にも大手銀行の営業マンでしたので色々とアドバイスを頂き、何とか乗り越えることができました。

困難は自分のすばらしさを引き出す

この時私が乗り越えられたのは、「困難の本質とは、自分の魂を磨いて下さるものであり、自分の中にあるすばらしい神性を引き出して下さるものである」と教えて頂いたからです。
 初めは、困難を「いやだなあ」「受入れたくないな」「できれば逃げたいなあ」と思うかも知れません。しかし、すべての人が神の子で、自分の周りに起こることは、すべて神の祝福だと分かってくると、困難は能力を引き出す応援歌の様に思えてきて、困難の本質が、実は困難ではなく祝福だと思えてくるのです。
 では、実際にどう考え、どう動いたらよいでしょうか? そのポイントを次にお教えしましょう。
(1)「働くこと」は、「端楽(はたらく)なり」つまり、端(周囲)にいる人達を、楽しく、らくにしてあげることです。あなたの今できることでいいですから、周りの人達を楽しくしてあげてください。
 たとえば、①会社の上司、先輩、後輩の良い所を誉めてあげる②お客様には常に笑顔で接し、美点を讃嘆するなどです。これは、あなたの周りの人達を味方にするコツです。
(2)常にプラス思考でいきましょう。そして、今置かれている環境に感謝しましょう。
 事務の仕事を希望していたのに、営業に出され、残業も多くて、大変だと思いますが、会社の人事は、たまたま偶然に、あなたを営業にしたのではありません。何かの基準をもって、判断されたのです。つまり、「あなたには営業に適した能力がある」と認められたのですから、あなたにはその才能があるはずです。自信を持って下さい。では、その才能を引き出す秘訣ですが——。

出会う人と自分を祝福しよう

(3)1日1回は瞑想の時間を作りましょう。
 最近、『できる人は瞑想する』ということが、多くの困難を克服し、成功した人達の常識になっているそうです。生長の家にも神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)があります。瞑想すれば、あなたの本質(内なる神)から良きアイディアが湧(わ)いてきます。
 私なども、営業マンの時、毎日の報告書の作成が残業の一原因だったのですが、神想観の実修中に「その時すぐ、現場で記入する」というアイディアをもらい、それを実行したら、店に帰った時に上司にすぐ提出でき、楽になりました。
 あなたもぜひ、瞑想の中で、今日出会った人々を祝福し、自分を神の子と認めて内なる神性を祝福し、生かされていることに感謝して下さい。「困難は無かった、すべて良きことばかり(神の現れ)だった」ことが必ず実感できます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成16年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲