TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 会社のためにと思って努力しても評価されない

私の会社はとにもかくにも成績です。新規をとれとか、他社との契約をうちに変えてもらえとか……。私は事務職なのですが、営業の方の苦労も分かるので、少しでも役に立つのであればと思って身内に声をかけたりして新規を取り、商品も売れ、良かったーと思ったら、その成績は営業の誰にとなくつき、私には何もついていません。年末にも同じように一所懸命になりましたが、営業の方にすべてその成績が回っており、賞与も上がって喜んでいました。一体、私の努力は何だったのでしょうか。仕事をやっていても面白くありません。
(W・U、36歳、女性、千葉県)

回答 「神の子の値打」を出す生き方を実行したとき、生きる喜びや仕事のやり甲斐が感じられます。

回答者:岡田 辰登(生長の家本部講師)

あなたは素晴らしいですね。自分の仕事を越えて新規を取り、営業に協力されたのですから。あなたはとても愛社精神の豊かな方と思います。
 ただ、評価されなかったのは気の毒に思います。会社によっては全社員に呼びかけて営業活動を勧め、契約を取ったり紹介したりして、会社に功績のあった方に対し奨励金を出したりするところもあります。あなたの会社はどうだったのでしょうか? あなたのような愛社精神の豊かな方は社員の中にはたくさんいると思いますので、そういうシステムが無いのならば、会社のためにシステムを提案してみてはどうでしょうか。
 システムがありながら何も評価が無かったのならば、その規定に従って手続きをされなかったのではないでしょうか? あなたがただ好意で行ったのならば、評価されなくても仕方がないのかもしれません。しかし、あなたが会社のために行ったことは決して骨折り損ではありません。神様は観ておられます。善いことを行ったのですから必ず善いことがあなたに返ってきます。

お金が目的では仕事は楽しくない

生長の家創始者・谷口雅春先生はご著書『人生読本』(日本教文社刊)で次のように説かれています。

「私達が、ただお金を得るために、雨に濡れぬ住家を得るために、学校の点をとるために、勉強をし、仕事をし、人に深切をするのであれば、勉強も、仕事も、深切も、面白くなくなります。それは、その『ために』が間違っているからなのです。私達は、自身の中に生みつけられている『神の子の値打(ねうち)』を出すこと、その事が喜びであるから、私達は仕事をし、勉強をし、深切をするのです。『神の子の値打』を出すように生みつけられている私達は、『神の子の値打』を出すときだけが本当に楽しいのです」(41ページ)

人間は地上に「神の子」の値打を出すために生まれたのですね。「神の子の値打」を出すには、最も目立たない、平凡な事、当り前の事をする中にあるのです。「今」与えられている環境は、あなたの「神の子の値打」を出すのに最も相応(ふさわ)しいところなのです。仕事や家庭等を通して、「今」自分が他のためになることを見付け、一心に努め励んで行きましょう。
 幸福になる秘訣は、「1日1回は人に深切にせよ」と言われています。決められたこと以上に善を行うところに、はじめて自分の値打が出るとともに、「与え合いの愛」が循環する世になるのです。
 目立つような大きな事でなくてもよいのです。平凡な当り前の毎日の中での、目立たない小さな事でよい。明るい笑顔で人に接すること、挨拶することでもよい。他人の喜ばれることを率先して行うと、仕事は楽しくなり運命も好くなります。

1日1回は人に深切をしよう

私は生長の家本部(東京・渋谷区)に勤めていた頃、電車通勤の1時間半の時間を勉強に読書、そして電車に乗り合わせた人々を祝福して祈る、席を譲る、棚の荷物の上げ下げを手伝う、電車から降りて歩く道中では必ずゴミを1つは拾う等の行為を心がけました。
 今は職場に朝一番に出勤し、身の回りの掃除をして、仕事の準備を行います。そして、自分の使った食器は自分で洗う、トイレは汚れたら直ぐ掃除する、下足スリッパを揃える。無駄な電気は切る。買い物でのレジ袋は貰わず、以前貰ったその店の袋をなるべく用意していく等を心がけています。ビニール袋を持参するととても喜ばれます。
 コンビニのおにぎりは、手前に並べてある物から買ってあげると賞味期限が短いのでお店にとって無駄にならない。こうして、人に喜ばれること、世の中に役立つことを考えては実行しています。
 私は今もとても幸運で、善い仕事、よい職場に恵まれ、善いことばかりがやってきます。幸福はお金が全てではありませんね。今、与えられている仕事、職場、家庭、ご縁を頂いた全ての人々に感謝し、今を精一杯生きましょう。あなたに出来ることで、どんな小さな事1つでもよいから始めてみましょう。人生がきっと楽しくなってきます。

(生長の家山梨教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成17年4月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲