TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 適職はどうやって見つける?そもそも働く目的とは?

文学部に通う大学2年生です。相変わらず就職は厳しいと聞きます。ところが大学の採用報告書を見ると、2、3年で転職している人がかなりいます。周りには、資格を取るための学校に入る人もいて、私もとりあえず、英会話学校とアナウンススクールに通い始めました。今の大学は将来を考えて選んだのではなく、学校の勉強が将来に直結しているわけではありません。一応教職課程をとっていますが、何がなんでも教師になりたいというわけでもありません。どうやって適職を見つけたらいいのでしょうか? そもそも働く目的とはなんでしょうか?
(K・K、20歳、男性、神奈川県)

回答 自分の魂を高めていくことに働く目的を定めたとき、自分に最もふさわしい職業が見つかります。

回答者:葛原 敏雄(生長の家本部講師)

まず最初にあなたの未来に、若さに無限の祝福をさせて頂きたいと思います。なぜかといえば、これからのあなたの人生には無限の可能性が充ち満ちているからです。
 人の行動が目について焦っているようですが、あなたは、あなたならではの人生を歩んでいけばいいのです。それにはまず、人に対して、社会に対して、どんな思いを持っていくかということにかかっていると思います。
 自分の人生をどのように歩んでいくのか、果たして思うままにうまくいくのか、そして、この人生においてどんな価値観をもつのか。それには確固とした生き方、つまり信念を持つということが必要になってきます。

与えられた環境に無条件に感謝する

「働く」とは、生長の家では「端(はた)」を「楽(らく)」にすると言います。つまり、自分の働く会社であれ、何であれ、周り(端)から喜んで頂くということに意味があるのです。そして、給料を頂いて、ありとあらゆる得難い経験を積ませて頂くのですから、これほどありがたいことはありません。むしろ授業料を払うべきかも知れませんね。
「働く目的とはなんでしょうか?」ということですが、給料を得ることだけが目的ならば、それは単なる取引であり、その人の魂にとって、得るものはないと言っていいでしょう。働く目的とは、仕事を通じていろいろな人との間で教えられながら、自分の魂を高め上げていくことにあるのです。
 人は独(ひと)りのようであって独りではありません。まさに「人間」という字がそれを示している通り、人は人との交わりによって生きているのであり、そこから有形無形のたくさんのことを得ているのです。あなたも一つ一つの仕事をこなしていくに従って、多くの人々の協力と支えがあって社会の一員であるということが分ってくると思います。自分が存在することが周りの人から喜ばれる、これほど嬉しいことはありませんね。
 適職の見つけ方、ということですが、それは今、与えられた環境に無条件に感謝することです。仕事が自分を高めていくものであるという前向きな思いを持っているならば、どんな職業に就いたにせよ、それを好きになっていくものです。そのためには日頃から「感謝」の思いを持つことが大切です。ただし感謝には「無条件に」ということがコツです。

人に喜んでもらいたいという気持ちを大切に

条件をつけると条件次第で好き嫌いが出てきたり、不平不満のもとになります。私は今まで4回の転職を経験しています(2回は倒産でした)。今、振り返ってみて言えることは、すべてが自分にとって良かったことであり、人生にムダなことは一つもないということです。
 もし今のあなたに進むべき道がそれでもハッキリしないのなら、念じなさい。「きっとこれから自分の一番ふさわしい仕事が見つかる」と明るく楽しい気持ちで、期待を持って念じたら、キッとあなたにふさわしい仕事が見つかるでしょう。
 あなたにやれることがないのではなく、やろうという思いと、多くの人に喜んでもらおうという気持ちがあれば、世間はあなたを放っておくことはないと信じます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲