TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 様子をみるか、転職するか?迷っています

去年、転職して人材派遣会社の契約社員になりました。これまで「何をしたいか、何を身につけられるか」を優先して働いてきて、今回はキャリアカウンセラーの知識習得、3年後に正社員への登用制度があるという条件で入りました。が、実際は組織配置が流動的で、1年以内で約6割が辞めていました。「今この職場で出来ること」に取り組んでいますが、社内に目指すモデルもなく数年後の自分が見えません。上司に目標の明確化、社内ミーティングの充実化など相談してみましたが、改善される様子はありません。入社してから毎日、悶々(もんもん)としています。
(J・T、30歳、男性、東京都)

回答 環境は自分の心がつくります。転職を考える前に、今の自分の職場を祝福し、感謝することを第一にしましょう。

回答者:中村 貴之(生長の家本部講師)

入社してから「今この職場で出来ること」に取り組んで、そのことがなかなかうまくいかず悶々とした日々を過ごしているということですが、その悩みを解決する基本は、あなたには、あなたしかない素晴らしさがあるという本当の自信を得ることです。そのためには、あなたを導いている神さまがあなたの中におられることを、心の底から理解することが最も大切です。
 人間の本質は尊い「神性(しんせい)・仏性(ぶっしょう)」であり、神の智慧と愛と生命とが満ちあふれる、無限の可能性を秘めた存在であるのです。その神の存在を認め、信じて、讃(たた)えることにより、あなたの内なる神の子の本質を発揮することができます。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は『生命の實相』(全40巻、日本教文社刊)第7巻で次のように説いています。

「どうしたら自分の生命が喜びを感ずることができるかと言えば、他(ひと)を喜ばしてあげることです。他が自分のことを喜んでくれるとき、はじめて自分の生命が本当の喜びを感ずるのです。それは自分の生命が隣人にまで拡張したのです。自分の生命が伸びたから喜べるのです。これが生き甲斐というものです」(8〜9ページ)

自分の生命が喜びを感じるために

「今この職場で出来ること」に取り組んでいるあなたは、その職場や仕事を通して、神の子である自分の生命がまさに今、伸びようとしている証拠なのです。ですから、駄目だ駄目だとあまり自分を責めないことが大切です。あなたが思ったり、つぶやいたりする否定の言葉が潜在意識(心の奥底の意識)に印象され、あなたの素晴らしい神の子の力が発揮できなくなるからです。
 現在意識(心の表面の意識)では、これではいけない、もっと善くしようと思っていても、潜在意識に自分を責めたり他を悪く思ったりするようなマイナスの言葉や思いが充満していては、努力しようという意欲が湧かず、逆に気持ちばかり焦(あせ)ってどうにもこうにもならないというような状態に陥ってしまいます。
 この状態から抜け出す最も効果的な方法は、たとえ今の状態がどうであろうとも、自分には無限の可能性がある、輝く未来があると信じることです。そしてその素晴らしい将来の姿を心に思い浮かべながら「私は神の子完全円満、これから毎日あらゆる点で一層良くなる。必ず良くなる。ありがとうございます」という言葉を何度も繰り返して唱えたり、黙念して下さい。
 神の子の自信をさらに揺るぎないものにするため、神様と直結する神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)を実修してください。そして神の子の尊い自分自身に感謝してください。あなたの生命の親である神様が、これまでいかに多くの祝福と恵みをあなたに授けて下さっていたかということに感謝してください。

与えられた場所で人生の勉強をする

転職をすべきかどうか迷っているようですが、まずは、「私の与えられた仕事が出来ることに感謝します。与えられた職種で働かせていただくことに感謝します。ありがとうございます」と今の自分の環境を祝福し感謝することを始めたらいかがでしょうか。なぜなら、人は誰もが与えられたその場、その場で人生の勉強をするからです。
「環境は心でつくる」という言葉があります。心で強く思ったことが、環境に現れるということです。仕事を選ぶのはあなたの心です。その心が変われば、仕事に臨む気持ちが変わったり、さらにやりたい仕事が見つかるかもしれません。
 自分に自信をもって、明るい心、明るい表情、明るい言葉を常に心がけて前進して下さい。常に神様は神の子のあなたを導き、守って下さっています。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成17年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲