TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 職場の指導係の態度に不満です

最近スーパーの食品レジのアルバイトを始めましたが、指導係の態度に不満です。初めてで分からないことだらけなので丁寧に教えてほしいのですが、私の何が気に入らないのかそうしてくれません。しかも陰で私のことをこそこそ言ったり、勤務中にお客さんの悪口を言う態度が許せず、腹が立ちます。すぐにでも辞めたいと思いますがそうはできません。相談できる人もいないのですが、どうしたらいいでしょうか。
(L・F、19歳、女性、神奈川県)

回答 人の美点を見つける努力と、感謝や讃嘆のコトバを表現するあなたの努力が仕事を楽しくしてくれます。

回答者:三宮 光雄(生長の家本部講師補)

新しい職場で頑張っていらっしゃるあなたは、日々仕事にまじめに取り組んでおられる方だと思います。指導員の態度に不満になるのも無理はありません。
 かげ口を聞くのは誰にとっても気持ちいいことではないですね。これとは反対に、人の良いところ(美点)を、本人のいない所で褒めることができる人がいたら、尊敬してしまいます。同じ語るのでも、悪いコトバよりも善いコトバを語るようにしたいものです。
 自分の使うコトバに一番影響を受けるのは、実は自分自身なのです。自分の周囲の状況は、自分の心をよく映し出してくれる鏡のようなもので、その鏡が曇っていれば掃除すればよいのです。その曇りを払い飛ばしてくれるのが善いコトバなのです。
 善いコトバとは感謝・祝福・讃嘆(ほめるコトバ)・喜び・感動などの表現です。「ありがとう」「素晴らしい」「嬉しい」「幸せだ」等といったコトバを、一日のうちなるべくたくさん使ってみて下さい。特に自分自身を祝福し、讃嘆するコトバを繰り返し使うことが大事です。
 例えば、「私は明るい!」「私には人を思いやる心がある!」「私は何事も一所懸命だ!」「私には向上心がある!」と、まず人に聞かれない場所を選んで唱えます。慣れてきたら差し支えない時・所で自分を讃えます。善いコトバは使えば使うほど嬉しくなります。こうして自分自身が素晴らしい存在だという自覚ができれば生きる力が湧いてきて、仕事のやる気が増大してきます。

人間には無限の愛が宿っている

生長の家では、「人間の本質は神であり、人間には無限の愛が宿っている」と説いています。愛は美点を見つけ出します。自分に対しても愛をもって観察すれば、素晴らしい所がいくつも出てきますね。
 さらに家族の良さ、友達の素晴らしさ、大自然より頂く恵みなど讃えてみればきりがありません。自分と周囲の方々の美点が分かるようになってくる時、必ず変化が訪れます。やがて指導係の良いところも見つけることができるに違いありません。
 よりよい職場環境は明るい心から始まります。レジのアルバイトも社会に調和して生活することを学ぶよい機会です。レジ係の先輩方に、声のトーンを少し上げて晴れ晴れとした笑顔で挨拶してみましょう。そしてお客様には、「いらっしゃいませ」の一声に深切な温かい感情をこめて言うと、職場の良い雰囲気作りができると思います。
 今、与えられた仕事に全力を出すことによって、あなたに宿る素晴らしい力が引き出されます。仕事を通して人のお役に立っているという実感は、深い喜びとなります。それは全てのいのちがつながっているという自他一体感が喜びを招(よ)ぶのです。
 以上のことを実践していけば、きっと楽しく働くことができますよ。仕事を与えられていることに感謝し、明るい心で新しいことにもチャレンジして頂きたいと思います。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成18年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲