TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 職場の上司に嫌われています

建築会社のOAオペレーターをして7ヵ月になります。その職場のある男性上司は、仕事のできる女性には言葉が丁寧なのですが、ミスの多い私にはひどく高圧的で、仕事のことを尋ねてもきちんと教えてくれません。私は気が利かないし、仕事を覚えるのも遅い方だと思います。でも自分なりに努力しているのです。職場で相談できる人もいません。私は毎日上司と顔を合わせるのが辛く、体調もよくありません。両親に相談しても、逃げ出しては解決にはならないと言われてしまいます。この先、どうすれば上司とうまくやっていけるのでしょうか。
(U・F、23歳、女性、広島県)

回答 環境は自分の心が創り出します。「コトバの力」で自分の心が変われば、上司との関係は好転していきます。

回答者:前田 智子(生長の家本部講師補)

職場の人間関係の問題は、生活のほとんどの時間をそこで過ごすわけですから、そりの合わない人がいると、辛いものがあると思います。仕事を始めてからまだ7ヵ月とのことですね。これからあなたは、社会人として様々なことを学んで生長していかれるのでしょう。でも、どんなことがあっても大丈夫です。それは、あなたの人生は「良くなるしかない」からです。
 私たちが生きている世界、目や耳等の五官で感じられる世界を「現象世界」と呼びます。生長の家では、自分の「心」を変えることによって、現象世界の中にある「環境」も「運命」も、自在に変えることができると教えています。
 あなたが、その上司に変わってほしいならば、まず、あなたの心の思いを変えることです。あなたの周りの環境は、あなたの心で作った「作品」であり、あなたの上司はあなたの「心の鏡」だからです。
 では、どうやってあなたは自分の「心」を変えるとよいのでしょうか。それは「コトバの力」を駆使するのです。「コトバ」とは、口から発する言葉だけのことではありません。「心で思ったこと」「口で言ったこと」「表情や態度」——これらはすべて「コトバ」なのです。
 あなたは、今、「心」の中で何を思っていますか? 自分の良いところや人の良いところを見て、明るいプラスのことを思うようにすると、嬉しくなり良いことが集まってきます。また、あなたはどういう「言葉」を使っていますか? 誰に対しても元気に挨拶をしたり、明るく「はい」と返事をしたり、「ありがとうございます」と感謝の言葉を言うようにすると、自分も楽しくなり周りも良い雰囲気となります。
 また、いつもどんな「表情や態度」をしていますか? 今日から鏡を見て「笑顔」の練習をしましょう。いつも笑顔でいることは、あなた自身を幸せにし、みんなを幸せにすることになります。
 このように、「コトバの力」であなたの「心」が変われば、あなたの上司との関係も「環境」も「運命」も好転していくのです。

神様に波長を合わせて生活する

さらに、あなたには「良いところ」がきっとたくさんあると思います。自分の良いところを認めて、自分を信じて、自信を持って生活していってください。
 人にはそれぞれ得意分野があり、仕事が速い人も遅い人もいます。大切なのはどういう気持ちで、仕事に取り組んでいるかということです。一所懸命に真心を込めて取り組んでいるうちに仕事にも慣れ、色々なことにも気づくようになり、その職場にとっても上司にとってもなくてはならぬ人となるのです。
 私の知っている人に、初めは仕事が遅く失敗ばかりしていたけれど、コツコツと時間をかけて努力をしていくうちに、その職場のリーダーになった人がいます。どうしたらミスがなくなるか、どうしたらもっとお役に立てるか、ということを常に真剣に考えて、一歩一歩前進していったのです。注意され、怒られて落ち込むことがあっても、それを素直に受けとめ、自分は「神の子」で素晴らしい存在なのだと気持ちを切り替えていったのです。
 このように、あなたも自分は「神の子」で素晴らしい存在だ、何があっても良くなるしかないんだと信じて、「神様に波長を合わせる」ことが大切なのです。上司の高圧的な態度も、本当はあなたにもっと素晴らしくなってほしいという愛の心で厳しく接しているのかもしれません。あなたが神様に波長を合わせていけば、いつか必ず「感謝」の気持ちに変わる時が来るはずです。だから安心してください。
「神様に波長を合わせる」には、「素直な心」で、「明るいコトバ」を使い、「感謝」の気持ちをもって生活をすることです。これからは、すべての人に、物に、事に、感謝して、明るく前向きに、愛を与えていきましょう。特に、ご両親に心から感謝しましょう。あなたが今、生きていられるのは、ご両親がいてくださったからこそです。心で思うだけではなく、表現することが大切ですね。
 それから、生長の家の教えや生活法を合宿形式で学ぶ「練成会」や、青年誌友会(教えを学ぶ集い)に参加することをお勧めします。あなたは素晴らしい「神の子」ですから、あなたの人生は「良くなるしかない」のです。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成18年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲