TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 以前勤めていた職場に戻りたいが…

以前喫茶店で働いていましたが、家の生活が不安定だったので正社員がいいと思い転職しました。喫茶店ではいつも元気で、良く働くとみんなに喜んでもらっていたのですが、新しい仕事は苦手な事務で、静かな職場のなか毎日ストレスを感じています。仕事でミスしないように注意していると話が出来なくなってしまい、この1年の間に私は「話さない人」と皆から思われてしまったようです。同じ頑張るなら大好きな仕事をしたいです。喫茶店のオーナーは「欠員がでたらぜひ来て」と言ってくれています。いつか喫茶店に戻れる日を夢見ながら、今の仕事を頑張るというやり方は良くないのでしょうか。
(T・F、30歳、女性)

回答 今の仕事で役立てるよう全力をつくすとき、あなたが一番自分らしく生きられる職場が与えられます。

回答者:榎本 一子(生長の家本部講師補)

あなたは、世の中の人は、皆好きな仕事ばかりやっていると思っていらっしゃいますか?そんなことはないと思いますよ。大多数の人が、面白くないこと、単調でつまらないこと、自分の得意でないこと、自分らしさが出せないことでも、家族のため、生活のためと頑張って働いているのではないでしょうか。
 苦手なこと、つまらないこと、自分の良いところが出せないこと、難しいことをやっていても、そこから逃げ出そうとせず、努力して頑張っているうちに、今まで自分でも気付いていなかった、隠されていた天分・才能が生き生きと発現せられてくるのです。そして、その仕事の押しも押されもせぬ第一人者とまでは行かなくても、有能な働き手として喜ばれるということもありますね。
 あなたは事務の仕事を今まであまりしたことがなかったから、緊張したり、余裕がなかったりしているだけで、あなたにとって出来ない仕事でないかもしれませんよ。
「仕事でミスしないように注意していると話が出来なくなってしまい」とのことですが、これはあなたが、まじめで責任感の強いすばらしい働き手である証拠です。
 私たちが幸福になるためには、与えられたことを、たとえ未経験のことでもそれと真正面から向き合い、努力するのはとても大切なことと思うのです。

不満を抱いたまま仕事をしていても道は開けない

「人間は神の子で、すべての人に無限の力が宿っている」という生長の家の教えはご存じでしょうか。困難とみえることも、「私は神の子、無限の力が宿っている。自分の力を限らなければ力は出てくる。今やっていることは、私が生長するための教材である」と受け止めて、明るく努力していくことが大事です。
 そうすると、やり慣れていることを楽々こなしているときよりもさらに大きな喜びや、満足を得られることになります。そしてその一つ一つが自信につながってきます。そうやって努力していると、転職するにしても逃げ出すのでなく、卒業という形でその職場を終えることが出来て、次には、あなたが一番自分らしく生きられる、あなたの力が発揮でき、あなたの魅力が一そう輝く職場が与えられます。
 喫茶店で働く夢をもってはいけないというのではありませんが、今の事務の仕事に不満を抱いたまま、いつか喫茶店で働けることを夢見て暮しているのでは、今の仕事や今の生活を生きていることになりません。どうぞ、今与えられている職場に感謝して、今与えられている仕事で役立てるよう力をつくして下さい。心を分散させて「ああなりたい、こうなりたい」と思って暮しているより早く次の環境が開けてきます。お幸せを祈ります。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成19年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲