TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 体調が悪くてリストラされそうです

仕事が忙しい時期になってきましたが、急に腰痛が出て、立つこともままならなくなり、会社を休まなければならないことになりました。みんなに迷惑をかけていますが、そんな中で会社から、「やる気があるなら出勤できるのではないか」と疑念をもたれ、リストラを匂わす叱責を受けました。妻子もあり、ここで収入を切られては…と生活が心配で不安ばかりを感じ、夜もうなされる状態です。私はこれからどう考え、行動し、生きてゆけばいいのでしょうか。
(Y・U、38歳、男性)

回答 マイナス面ばかりに目を向けず、現状の中でも自分に出来ることを行なっていく姿勢が未来を変えるのです。

回答者:小田垣 太造(生長の家本部講師補)

何があなたを苦しめているのでしょうか? ここは一つ、冷静に状況を整理してみたいと思うのです。整理していくうちに、原因が判明し、対応策が見えてくるかもしれません。実際に、あなたの状況を、「事実」と「不安な想像」と「不安な感情」とに分けて整理してみましょう。

事実
  腰痛が出て立つこともままならなくなった。
 ●不安な想像
  みんなに迷惑をかけている、のではないか?
  リストラされる、のではないか?
 ●不安な感情
  生活が心配

腰痛が非常につらいことは、私もある程度知っています。しかし、ご相談の内容を見る限り、この腰痛という事実は、あなたを苦しめている主な原因ではないと感じられます。どちらかというと、あなたを苦しめている主なものは、不安な想像と不安な感情ではないでしょうか?
 この不安な想像と不安な感情にしばられて、あなたは、自分が本来持っている活気や希望や自由な発想を、今は見失っているように推察されます。

今、出来ることから始めよう

この対応策としては、自分の不安な想像と不安な感情にとらわれることなく、今、自分に出来ることをしていく、という方法があります。
 例えば、今、自分に出来ることとは、気持ちの面に関しては、

● 支えて下さっている家族の方や職場の方に感謝し、家族の方や職場の方の幸福を祈ること。
 ●いままで自分が知らず知らずお世話になっていたような小さなことにも感謝するようにしてみること。
 ●いたらなかった点に関しては反省することなど。

行動面に関しては、

● 立つことは出来ないが、もし、座って出来る作業が可能であれば、現代ではパソコンでメール交換をして作業を進めるということも可能です。
 ●手が動かせるのであれば、手順を書いたものを送ったり、話が出来るのであれば、要点を電話で伝えることなども出来るかもしれません。

また、自分の不安な想像と不安な感情が整理されてくると、この機会にしか出来ないことをしようという前向きな気持ちが生まれてくるかもしれません。
 例えば、まとまった時間がないと出来ないような会社の業務についてこの機会に検討することなど。また、この機会に自分の成長のために役立つことをすれば、かえって以前よりも会社に貢献できるようになるかもしれません。そうすれば、あなたはこの機会にしか得られないような特別なものを得ることになるのです。
 要するに、あらゆる出来事をプラスに捉え直し、「今」の瞬間を十分に生ききることをこころがけてみてはどうか、ということなのです。「今」の生活が未来に展開されていくわけですから、現状の境遇にかかわらず、瞬間、瞬間の「今」を十分に生ききれば、その中から幸福が広がってくることになるのです。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成19年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲