TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 主婦を理由に仕事を評価してくれません

半年前から印刷会社でパートを始めました。夕方に保育所に子どもを引き取りに行かなければならないのですが、ある男性の上司が、「気楽でいいですね」とか「だからパートはなあ」とかいつも嫌味を言ったり、「主婦は使いにくい」と陰口を言ったりします。やりがいをもって働きたいと思うのですが、主婦をバカにしたような発言が頭に来ます。勤務中は人よりも頑張っているつもりです。でもそれが評価されず、陰口を言われるのがくやしいです。こんな職場でも楽しく働くにはどうすればいいのですか。
(T・J、37歳、女性)

回答 神の愛を実践する気持ちで仕事をする時、生き甲斐が感じられ、楽しく働けるようになります

回答者:高坂 幸雄(生長の家本部講師)

家庭と仕事の両立を目指して、奮闘している姿が目に浮かびます。そんな頑張り屋のあなたを応援してお答えします。
 生長の家では、「人間が地上に生まれたのは、この地上でなければ自分の魂を磨くことのできない特殊の条件が整っているからで、地上は人間の魂を磨くための生活学校である」と教えています。あなたが今与えられている場が、あなたの魂の向上に最もふさわしい場であります。
 ですから、あなたが家庭にいるときは家庭で、職場にいるときは職場で、自他共に幸福で周囲の人々に寄与するように最善を尽くしましょう。大丈夫、解決できない問題はありません。問題は必ず解決策をつれて来るという原則があります。
 まず、あなたは周囲と調和しなければなりません。生長の家の教えの言葉に「周囲と調和する生命は生長する。世界に生き残っている生物は、みな周囲と調和しえた生物のみである」(生長の家創始者・谷口雅春著『生命の實相』第22巻〈全40巻〉日本教文社刊、36ページ)とあります。
 自我を発揮しすぎるとき周囲と調和しなくなります。「人よりも頑張っている」と肩をはらずに、人に好かれるようになさることです。

思いやりのある心が表情となり、環境を変えていく

人に好かれるコツの一つは表情です。人の顔を見ると何となしに好きになれる人と、何となしに嫌いになる人とがあるでしょう。あなたは不平で顔をふくらせている人の顔を見たことがあるでしょう。その人の顔を見て好きになれますか? だれだって好きにはなれないでしょう。いやみの一つや二つ言ってみたくなるものです。
 では、表情を良くするには、普段の心の習慣を変える努力をする事です。いつも深切な、やさしい、快活な、好意のある、誰のためにでも思いやりのある心を持っていれば、そのような表情になるのです。心が変われば表情だけではなく、環境も運命さえも変わります。
「環境は心の影」とあるように、この世は鏡の如しですから、あなた自身が女性の天分である愛を表現することです。人間は神の子ですから、神の愛を実践するための仕事をする時、生き甲斐が感じられて、自然と楽しく働けるようになるでしょう。それには和顔(明るい笑顔)、愛語(優しい言葉)、讃嘆(人の美点を見て讃嘆する)を、今与えられている場において表現する事からやってみましょう。
 暖かい雰囲気の周りに暖かい人が、よき協力者が、集まって来ます。家庭でおやりになれば家庭が天国になるでしょう。人生の目的は「神の国をこの世に実現する」ということです。天国はどこか遠い世界にあるように思い、幸福とはどこか外のところにあるように思われるかもしれませんが、実は足元、つまり自分の心にあるのです。
 また、父母に感謝していない人は上司を始め、人間関係がうまくいきません。父母に感謝し、夫に子供達に、天地のすべてのものに感謝して、益々明るく愛深く幸福な生活をお送り下さい。上司はあなたの魂を磨く(わが内なる神の無限の愛を現わすための)観世音菩薩なのです。

(生長の家大分教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成20年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲