TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 嫌なことがあると辞めたいと思ってしまう

私は正社員として事務の仕事をしています。社員はすごくいい人達ばかりなのですが、私だけが仕事が出来ず、ダメな人間で取り残されている気がします。少しでも嫌な事、つらい事があるだけで、辞めたい辞めたい……と思ってしまいます。辞めたとしても生きて行くには仕事をしないといけません。今は両親と暮らしていますが、将来、親が亡くなれば私一人になってしまいます。こんなダメな私ですがアドバイスをお願いします。
(Y・A、23歳、女性)

回答 人生で体験することは全て、私たちの内なる神様の生命、愛を引き出すためにあるのです

回答者:渡邉 真紀(生長の家本部講師補)

Y・Aさん、お手紙拝見しました。あなたの年齢からいくと、今いる職場は、大学を卒業して新卒で就職した会社でしょうか? 初めて社会に出て正社員として働くことに、慣れないこと、戸惑うことも多いことでしょう。学生時代には経験しなかったような様々なことにぶつかり、「つらくて辞めたいなあ、何のために働くのだろう?」と、悩むこともありますよね。でも、壁にぶつかった時こそ飛躍のチャンスですよ! どうしたらいいか、一緒に考えていきましょう。
 まず Y・Aさん、あなたのお手紙を読んで思ったのは、あなたの悩みは、お仕事のことというよりも、根本的なこと……人間の本質や人生の意義が何なのか分からないことから始まっていると思いました。Y・Aさんは人間の本質が何なのかご存じですか? 幸せな人生を歩むためには、まずは正しい人間観をしっかりと持つことがとても大切になります。
 あなたは自分自身をダメ人間と書いていますが、あなたの本質はダメ人間などではありません! あなたの本質は神の子なのです。本当のあなたは無限の智恵、愛、生命に満たされた、かけがえのない尊い尊い存在なのです。そしてあなたは何のために生まれてきたのかというと、その神様の生命をこの世にあらわすために生まれてきたのです。あなただけではなく、世界中の全ての人が、この素晴らしい目的のために生まれてきました。

愛を学び、高め合うために人は生まれてきた

生長の家総裁・谷口雅宣先生著『日々の祈り』(生長の家刊)の“神の自己実現としての人生を自覚する祈り”には、こう示されています。

「神さま、私はあなたの自己実現としてこの世に生を受けた神の子です。神さまは、真実に存在するものすべてを創造されましたが、その創造の過程かていり返し味わう場をもうけられ、そこに“神の分身”として私たち人間を派遣されました。私たちは、肉体という媒体ばいたいを通して、内に宿る神さまの御徳おんとくを開発し、表現する過程をこの人生で体験します」(141〜142頁)

Y・Aさん、あなたも私も、世界中の全ての人が一人残らず、神様の生命を顕現けんげんするためにこの世に生まれてきました。そして神様は愛ですから、私たちは愛を学び合い高め合うために生まれてきたのです。私たちが人生で体験することは全て、私たちの内なる神様の生命、愛を引き出すためにあるのです。Y・Aさんも家庭や学校や職場で、愛を学んでいるのですよ。あなたが今いる職場や両親のことで悩んでいらっしゃることも全て、あなたの魂を高め、愛を引き出すためにあるのです。
 まずは一番大切な根本の真理、自分自身の本質や、人生の意義についてしっかりと学び、人生の目的をしっかりと把握はあくしましょう。そこからあなたの悩みを解決し、幸せな人生を歩むための第一歩を踏み出すことができますよ。
 お近くの「青年誌友会」(教えを学ぶ集い)「花のつどい」(未婚女性の集い)にお越し下さい! 最寄りの教化部(布教・伝道の拠点)に問い合わせて、生長の家のつどいにぜひ参加して下さいね! そこでは生長の家の根本真理や、また「神想観」という独得の座禅的瞑想法、正しい人間観、人生観を学ぶことができます。生長の家の教えがあれば大丈夫! これからますます幸せになっていきましょうね!

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年5月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲