TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 希望のない毎日。仕事の夢を実現させたいが…

大学を出て五年間サラリーマンをし、パン屋を開きたいと思いパン作りの修業をしてきました。しかし小麦粉のアレルギーが出て、ぜん息のようにひどいせきも出るようになりました。一年くらい薬を使って仕事を続けていましたが、環境を変えるしかないと病院で言われ、仕事を辞めざるを得なくなりました。今、サラリーマンに戻りましたが、希望もなく仕方無しの毎日です。親は「体に合わないということは、他に適した仕事がある」と言います。妻子もいるので、現実を考えなければなりませんが、自分はパン屋をあきらめきれません。どうすれば夢を実現させることができるのでしょうか。
(O・Y、31歳、男性)

回答 自分の周りの人や与えられた仕事に感謝するとき、環境も運命も肉体も善い方向に変化していきます

回答者:前田 智子(生長の家本部講師)

夢の実現のため努力されたにもかかわらず、断念せざるを得ない状況は、残念でくやしく悲しい思いをされていることでしょう。しかし生長の家では、解決できない問題は与えられないと教えています。この問題もあなた自身の信仰と努力によって必ず解決することができます。
 まず、あなたに知って頂きたいのは、生長の家で説く「人間は神の子である」という真理です。生長の家が説く神様は、善一元ぜんいちげんであり絶対の愛の神様です。罪も病も死もない完全円満の世界が本当の世界であり、人間もまた、肉眼で見えるだけの肉体的存在ではなく、その背後にある完全円満な姿が本当の人間であると説いています。
 また、私たちが目耳鼻口皮膚の五官でとらえる世界を、現象世界といいます。現象世界は明暗こもごも明るい所もあれば暗い所もある、健康で豊かで幸福な人もあれば、病気や貧乏で不幸と見える人もあります。しかし生長の家では、現象世界は人間の心の中に映し出された世界だから本当にあるのではないと考え、心によって変えることができると説いています。
 このことを、生長の家総裁・谷口雅宣先生は御著書『心でつくる世界』(生長の家刊)に次のようにお説きくださっています。

「現象世界は人間の心を反映しており、心を変えれば、その影としての現象世界の様相も変化する、という意味である。このような“心の影”としての現象世界の中には、我々の『環境』も『運命』も『肉体』も含まれている。だから、生長の家では、人間は心を変えることによって、自分の環境も運命も健康状態も自在に変えることができる、と説くのである」(28~29頁)

「当たり前」の中に、感謝することは無限にある

あなたは完全円満な神の子です。いままで病気になったことがないのが、あなたの本当の姿です。この人間・神の子の真理をしっかりと把持はじし信じて下さい。
 そして、今あなたに必要なことは、現在の状況をきちんと受け入れることです。夢に向かって前進して行くことは素晴らしいことですが、夢ばかりにとらわれて現実の生活をおろそかにしてはいけません。
 まず、すでに与えられている多くの恵みに感謝する生活をしていくことが大切です。あなたには、あなたのことを真剣に考えてくれるご両親や、あなたのことを支えてくれる奥様やお子さんがいらっしゃいます。これはほんとうに有り難いことです。そのことに感謝をつくし表現しなければなりません。
 また、あなたの周りの人たちとの調和も必要です。さらに、今、与えられている仕事に対しても感謝し、全力を尽くすことが大切です。普段、当たり前と思っている事の中に、感謝することは無限にあります。それを見つけ出し心の焦点を合わせ、明るくポジティブな、人生の光明面を見る生き方をしてください。
 このような生き方を生長の家では「日時計主義」といいますが、日時計主義を実践し続けていけば、あなたの「環境」も「運命」も「肉体」も必ず善き方向に変化し、きっと夢がかなう時が来るでしょう。
 なお、各地で開催されている練成会(合宿して教えを学び、実践する集い)に参加されることを是非お勧めいたします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年9月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲