TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 職場で自分を否定され、生きていく自信がもてない

春に職場の異動があったのですが、異動になって私に仕事が来なくなりました。そのことを上司に言うと、「何もしなくていいから」と言われてしまい、さらに「あなたが今までやってきた仕事が全部ミスで役に立ちません。あなたがこの会社で採用になったことがまるで分かりません」とまで言われてしまいました。私はその言葉を聞いて、今までの自分が愚かに思え、自分が嫌いになりました。こんな私は生きていくことや、他人を信じ、好きになる資格があるのでしょうか。毎日がとてもつらいです。
(Y・M、24歳、女性)

回答 「神の子・無限力」の信念と、その実践が“本当のあなた”を導き出します

回答者:川上 忠志郎(生長の家本部講師)

あなたの過去の仕事が否定され、次の仕事も与えられない。これは本当につらいですね。まるで自分の全人格までも否定されたようで、自分は生きる価値がない、他人を信じ、好きになる資格もないと思い悩むのもよく分かります。
 しかし、宣言します。生きる価値のない人なんてただの一人もいません。どんな人の中にも「神の子・無限力」の生命が宿っています。それが“本当のあなた”です。ただ、今はそれが十分に現れていないだけなのです。まず、それを知って下さい。そして、自分は「神の子・無限力」であるとの信念を持ち、可能なところからそれを表現・実践する努力を続ければ、人生は必ず好転します。
 あなたは今、仕事でミスをした自分を愚かだと思い悩んでいます。でもそれは、仕事で認められたいという願望があるから思い悩むのであって、その願望を持っているということが実はとても重要なのです。その願望は“本当のあなた”つまり内在する「神の子・無限力」の発露はつろです。そして“本当のあなた”は「神の子・無限力」を表現したがっているのです。それを十分に表現できないから思い悩むのです。
 では、「神の子・無限力」はどうすれば表現できるのでしょうか。人間は、肉体という限られた条件の中で、つまり有限の世界の中で努力や創意工夫、試行錯誤をしながら「神の子・無限力」を表現します。それが上手にできた時に喜びを感じるのです。
 そのためには訓練が必要です。時には失敗もします。しかし、失敗を通して能力が開発され、徐々に表現が上手になります。だから、試行錯誤を恐れてはいけません。ミスを恐れず前進する勇気が必要です。

感謝の心を持つと、周囲の目が変わってくる

ただし、試行し錯誤した後に進む方向が間違っていては困ります。試行を正しい方向へ導くのは、正しく明るい想念です。「自分は神の子・無限力だから、やれば必ずできる」という信念を持つことです。時には現実につぶされそうになり、信念がぐらつくときもあるでしょう。
 しかし、どんな場合でも信念を堅持けんじすることが必要です。そのためには、神想観(生長の家独得の座禅的瞑想法)をすることです。神想観のやり方は各地の練成道場で学べます。そして神想観の中で完全円満な“本当のあなた”を心で思念し、生長の家の真理が書かれた書物を読んで心を鼓舞こぶし、「言葉の力」を用いて心を調えましょう。
 そして、いま自分にできることを積極的に実践しましょう。コピーでも、お茶くみでも、職場の清掃でも、なんでも良いのです。それを感謝しながら全力で行うのです。そのうちにあなたを見る周囲の目が変わってきます。なにより、あなた自身に喜びと自信がいてきます。段々と自分を好きになり、他人も信じ好きになることができるはずです。あなたのご多幸をお祈りします。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲