TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 同僚の悪い面ばかりを見て落ち込んでいます

私の勤務先は少人数で、私以外は全員男性です。そのため入社を戸惑いましたが、良い就職先が見つからず、この会社に入社を決意しました。ところが、毎朝、私の課の業績の悪さを支店長から指摘され、朝から気持ちいいものではありません。さらに私が女性なので周りから色々なことを注文され、ストレスがたまります。気分屋の男性達に気を使いながら接することにイライラし、みんなの悪い面ばかりを見て自己嫌悪し、落ち込んでいます。この状況をどうすれば変えることができるのでしょうか。
(U・S、27歳、女性)

回答 あなたの笑顔とめコトバが職場を明るくし、皆があなたに優しくしてくれるようになります

回答者:長谷川 千治(生長の家本部講師)

男性ばかりの職場に女性一人というのはなかなかつらいものがありますね。あなたの同僚や先輩の中にひとりでも女性がいればお互いに助け合ったり、悩みを打ち明けたりすることも出来ると思いますが、あなたの職場では課の業績がなかなか上がらないという状況とのこと。おそらく男性社員もストレスがたまり、女性であるあなたに対してますます辛くあたるという悪循環になっているのではないでしょうか。
 職場にとって女性は花であり、女性は職場の雰囲気をとても明るくしてくれます。その花であるあなたが刺々とげとげしい雰囲気では、職場はますますギスギスしたものとなり、お互いに悪い面が目に付き、お互いにイライラするという、こんな状況にある課では業績が上がらないのも無理はありません。
 生長の家では、「日時計主義」という素晴らしい生き方があります。「日時計主義」とはすべての光明面を見る生き方であり、世の中の明るい面や素晴らしい面に注目して、それを「コトバの力」を使って、すでにある素晴らしい「神の世界」をこの地上に現す素晴らしい生き方です。
 生長の家総裁・谷口雅宣先生は、日時計主義の意義をこう述べておられます。

「この『日時計主義』こそ、実相独在の信仰と唯心所現の真理を体現した生活の実践だからです。つまり、現象的にはまだ『光明』が充分現れていなくても、現象の背後にある実相を信じて、それをコトバで認め、引き出すことで、地上に『光明』が現れる――そういう信仰と原理なくして、日時計主義は成立しないからです』(『日時計主義とは何か?』生長の家刊、132~133頁)

コトバには実現力があり、あなたが常に使っているコトバの通りに人生が展開され、あなたの発したコトバ一言一言と出合うことになります。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、そのことを次のように説いておられます。

「この世界はことごとく自分の心の展開であるから、自分の心が生れ変ることは自分の環境が一変し、自分の生活が一変し、自分の肉体の健康が一変することを意味するのである。われわれが心に強く描いてそれを見つめるところのものが現象界にあらわれてくるのである。これが現象顕現げんしょうけんげんの法則である。だから私たちは、人を見るのに、人を悪人だと見て、それを善導しようなどと思っては、決して相手の人々を教化して善ならしめることはできないのである。“悪人”と見れば、そしてその人の“悪”を心で見つめれば、悪は一層ハッキリと現象化しきたって収拾しゅうしゅうがつかなくなるのである」(『聖経 真理の吟唱』「新しき天地に生まれる祈り」より、日本教文社刊、138~139頁)

上司を始め、職場の男性一人ひとりを祝福する

あなたが今の状況を良い環境に変えたいと思うならば、上司を始め、職場の男性一人ひとりを祝福し、いつも明るい笑顔で相手の良い面を見て、讃嘆さんたんのコトバを掛けてみてはいかがでしょうか。
 ある人が上司に挨拶してもろくに返事もしてもらえず、いつも冷たくされておりましたが、ある日、思い切って「感謝しています」と大きな声で挨拶したら、その日から上司がとてもやさしくなり、よく面倒も見てくれるようになったという体験を話してくれたことがあります。
 あなたが良いコトバをたくさん使っていると、「言葉」それ自体の意味や影響力によって、あなたの心がどんどん活性化し、想像力が広がり、気持ちもますます盛り上がってくることに気付くでしょう。あなたが優しい笑顔で相手の素晴らしい面をみて、めて良きコトバを常に発するように心がけていれば、必ず職場は明るくなり、課の業績もぐんぐん上がり、皆があなたに優しくしてくれ、感謝するようになるでしょう。
 男性は笑顔の素敵な女性にめられ、励まされると実力以上の力が出るものなのです。祈りと祝福を実践してみてください。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲