TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 体力に自信がなく仕事が続きません

私は短大を卒業後、昔からの夢だった栄養士として病院に勤めることができたのですが、五カ月で辞めてしまいました。理由は体力的にこれ以上続かないと思ったからです。それ以来、なぜつらい思いをしてまで働かなければならないのか分からなくなってしまいました。最近になって別にやりたいことが見つかりましたが、それをするだけの体力が自分にはないような気がしています。前に進めないそんな自分が情けないです。祖母は「体力があればやっていける」と言いますが、私のことを否定されたように聞こえました。今は自分のことも他人のことも信じることが出来ません。どうしたらもっと心安らかに生きられるのでしょうか。
(A子・22歳)

回答

回答者:榎本 一子(生長の家本部講師補)

せっかく希望した仕事に就くことができたのに、わずかの期間しか続けられず、辞めてしまわれたとのこと。あなたは体力のせいにしていますが、本当にそうでしょうか。
 生長の家では、「人間は神の子で無限の力を内に宿していて、その力は使えば使うほど活発に働き出してきて、疲れることを知らないのである」と教えられています。ところが、人間は肉体的存在で、無理をしたら疲れて、病むのであるという考えを持っているうちは、やはりその心の通りに、少し無理な仕事をしたら身体がきつくて、「こんなことをしていたら死んでしまうのではないか……」という気までしてきて、好きな仕事であっても辞めざるを得ないということになってしまいます。
 まず一番大切なことは、「人間は神の子で無限力がある」ということを心の奥深くまで印象づけることです。生命力を信じることなく、肉体の自分をかばっていては、本当の力は出てきません。
 世の中のすべての人が好きな仕事、面白い仕事、体力に見合った仕事ばかりをしているのではないと思います。しかし、何か目標を持っていたり、愛する家族や肉親のために、誰かのために頑張ることはできるのです。
 あなたは恵まれた方です。体力がないからといって仕事を辞めても、庇護ひごして下さるご家族があるのですから。あなたが切実に仕事を続けて行ける体力がほしいと思われるなら、「人間・神の子」の生長の家で説かれている真理をもっと自分のものになさることです。
 そして、身体が楽であることを望む以上に、少々きつくてがんばれるような目標を持ち、ご両親をはじめ、愛する人、喜ばしたい人を具体的に持つことです。その時あなたの中に、きっと今の環境を乗り越えていける力がみなぎってくることを実感されると信じています。

このQ & Aは、『白鳩』NO.8に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲