TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 仕事で失敗ばかりして落ち込んでいます

昨年、転職をしましたが、新しい職場で数多くの失敗を繰り返してしまい、失敗したことを正直に話せなくなってしまいました。職場の皆さんは我慢強く接して下さるので申し訳なく思い、ますます言い出せず、自己嫌悪におちいっています。最近も決算の書類の数字を間違えてしまったまま監査が完了してしまいました。今さら言い出すこともできず、胃がキリキリと痛んでいます。こんな状態ですから、仕事がなかなか終わらず、帰りは遅く、朝は早く、主人からは怒られ、毎日がつらく、会社に行くのも嫌で毎日が憂鬱です。この悪循環から抜け出し、生き生きと仕事をするには、どうすればいいでしょうか。
(A子・37歳)

回答

回答者:安藤 とし子(生長の家本部講師)

転職され新しい環境や人間関係の中で、慣れるまで大変なことと思います。この世界には心で強く認めたものが現れるという「心の法則」がありますが、今のあなたは失敗に心がとらわれ、さらなる失敗を招いているようです。
決算書類の間違えを言えず、胃が痛むほど悩まれていますが、それは間違いを隠していることに対して、罪の意識で自分を責め、自己処罰をしているとも言えます。
 生長の家では人間の実相は「神の子、完全円満、罪なし」と教えています。まず自分をゆるして讃嘆し、「私は神の子で、正直である。間違いは素直に言えるのである」と祈り、正直に話して心からおびをしましょう。また沈痛な思いが暗い表情となり、それが家庭不調和の原因にもなっているようです。この悪循環を断ち切るために、物事の光明面のみを見る日時計主義の生き方に変えてみましょう。
 生長の家総裁・谷口雅宣先生は『日時計主義とは何か?』の中で、「現実的にはまだ『光明』が充分現れていなくても、現象の背後にある実相を信じて、それをコトバで認め、引き出すことで、地上に『光明』が現れる」(133ページ)とお示し下さっています。
「私は神の子で、常に神の無限の智慧と愛に護られ導かれているので、失敗することはないのである」「仕事が順調に進みうれしい」「私は主人が大好き! 家庭は円満大調和」と、神様の善なる世界を心に思い描き、感謝の祈りをしてみて下さい。さらには『日時計日記』に、その日の良い出来事や前向きな言葉を毎日書きましょう。
 出勤前には鏡に向かい、最高の笑顔を作って、「今日もこの笑顔で出発! 職場で生き生きと仕事ができる。ありがとうございます」と強く自分自身に言い聞かせ、信念にするのです。きっと悪循環の生活から「好循環」の明るい生活へと変わっていくことでしょう。

このQ & Aは、『白鳩』No.10に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲