TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 身に付けた能力を生かせない会社に就職したため、仕事への意欲が湧いてきません

四月から社会人として働いています。大学では一年間の留学経験もあり、英語には多少の自信があります。英語力を生かせる会社を希望していたのですが、どこも不採用で、結局は中小の住宅販売会社の事務職に就きました。親は正社員になれたことに一応は満足していますが、妥協してしまった自分を後悔しています。そのため仕事にもやる気が起こらず、もっと相応しい会社を探すべきか悩んでいます。
(A・M、23歳、男性)

回答 英語で何を表現したいのかが分かれば、自ずと道は開けてきます

回答者:大平 收一(生長の家本部講師)

留学経験もあり、英語には自信があったのに、それを生かせる仕事には就けなかったとのこと、あなたの残念な気持ちはよくわかります。でも世間では、「就職難」と言われるこの時期に、あなたは正社員として就職できたのではありませんか? そのことに、どのくらい感謝しているでしょうか?
 生長の家では、今すでに与えられていることに感謝する人にこそ、幸福は訪れると教えています。あなたもまず、すでに与えられていることに感謝するところから始めましょう。具体的には、あなたを生んで下さった両親や、勤めている会社、あなたを毎日指導してくれる上司や先輩など、その存在を「当たり前だ」と見過ごしてきたことに対して、改めて感謝の言葉を表現してみましょう。
 直接表現するのが難しければ、日記や手帳に感謝の言葉を書くと良いでしょう。それを習慣化させることによって、あなたのこれからの人生には、感謝したくなるような人・物・事が集まってきます。
 続けて、あなたのこれからの進むべき方向について、もう少しアドバイスしましょう。
 まず、国際化といわれるこの時代に、自信が持てるほどの英語を身につけたのは、確かに役に立つ能力を獲得したと言えます。しかし、英語はあくまでも「言語」であり、あなたを表現する「道具」なのです。その「道具」で、何を表現したかったのでしょうか。「表現したい何か」があって初めて、道具としての英語が生きてくるのです。
 外国語を身につけるということは、資格を取得することと同じではないかと、私は思います。何か資格を取得する場合、それ自体は目的にはなり得ません。少なくとも、取得した資格を生かして、仕事をするといったような目的が無ければ、資格を取得しても意味がないと思うのです。
 英語の場合、「英語力を生かす」ことのできる選択はあまりにも広すぎます。あなたが英語を身につけようと努力した時期、英語で何かを伝えたいと思ったことはなかったか。英語以外にも興味を持っていて、自信をもって人に伝えられるものはないか。まずそのことを自分自身に問いかけ、あなたの中の「表現したい何か」を見つけて下さい。そうすれば自ずと進むべき方向が見えてくるはずです。
 今勤めている会社で、英語を使って新しい分野を切り開くことができるかもしれませんし、転職するという選択肢もあります。
 いずれにしても、あなたの人生はあなた自身の責任で選択されなくてはなりません。「妥協」という言葉で逃げてしまわず、今のこの一瞬にあなたの生命を精一杯輝かせるような生き方をすることが、希望した職業に就くことができるかどうかに関係なく、素晴らしい人生を切り開く秘訣だと思います。

このQ & Aは、『日時計24』No.13に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲