TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 職場の皆から嫌われている人がいます

同僚のAさん(26歳)は、仕事が面倒だったり、思うように行かないと、取引先やお客さんの悪口を言ったり、物にあたったりして粗暴な振る舞いが多く、彼がいると部内の雰囲気がとても悪くなります。上司や同僚も、腫れ物に触るように彼と関わるのを避けていますが、私は皆と楽しく仕事をしたいです。自分にできることがあれば教えて下さい。
(E・T、男性、24歳)

回答 相手の良い面を、心で認めることが問題解決の第一歩です

回答者:山本 一信(生長の家本部講師)

あなたはとても心優しい人ですね。その優しさはあなたの宝物だと思います。どうぞ、大切にしてください。
 さて、同僚のAさんについてですが、まずはAさんの良い点を見つけて、めることをオススメします。Aさんが仕事でうまく行った時や、明るい表情をしている時にすかさず誉める。先輩のことを誉めるなんて、何だか難しい感じがするかもしれませんが、いくつになっても誉められるのはウレシイもの。どんな些細ささいなことでも構いません。誉める側の気持ちがこもっていれば相手に伝わるものです。
 ただ、急に始めようと思っても、なかなか言葉が出て来ないかもしれません。そこで、毎朝と就寝前に、Aさんの良い点を思い出して感謝の言葉を唱えるようにしましょう。「Aさん、ありがとうございます」と唱えるうちに、だんだん心の底から感謝できるようになるはずです。この世界は、認めたものが現れる世界です。「Aさんのすばらしさ」をあなたの心で認めることが問題解決の第一歩となります。

相手の話を聞いてあげましょう

私自身も、以前勤めていた会社の上司に対して不満を感じていた時には仕事がうまくいきませんでした。そこで、その状況を変えたい一心で感謝の言葉を唱えるようにしました。最初のうちは、感謝よりも不平不満の方がわき出てきました。ただ、続けていくうちに、不思議と上司が優しくアドバイスしてくれたことなどが思い出されるようになり、少しずつ感謝の気持ちがわいてくるようになりました。
 すると、仕事もうまくいくようになり、上司との関係も良好になったという体験があります。あなたもAさんに感謝することで、仕事上の進展があると思います。
 また、機会を見つけて一緒に食事をするなどして、Aさんの話を聞いてあげるのも良いことだと思います。Aさん自身も、悪口を言ったところで問題解決にならないことは心の底では分かっていると思います。しかし、ついそんなことをしてしまうのは、「自分のことを分かってくれる人がいない。こんなに大変なのに!」というSOSを発信しているのかもしれません。上司に言いにくいことでも、心優しいあなたになら言える、そんなことがあるような気がします。
 最後に、前生長の家総裁・谷口清超先生のお言葉を紹介いたします。

「自分のできる事から、少しでも助言し、案内し、祈り、伝え、与えるならば、その功徳は無限に拡がり、当然霊界という御先祖の方々の世界へも波及するのである。すると単に地球の人々の幸せのみならず、天界霊界の幸せが、地上にも与え返されて来、さらに吾々の次の世も安らかな愛と智慧と秩序にみたされた浄土へと整えられ、清められて、限りなく光り輝く世界へと移り行くものである」(『明るい未来のために』107~108頁)

あなたの愛の行為は、単にAさんだけでなく、このような壮大なスケールで広がっていくのです。どうぞ、あなたの優しさという宝物を大切に、毎日をお過ごしください。

このQ & Aは、『日時計24』No.32に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲