TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 自分の仕事の遅さに嫌気がさします。

食品関連の会社の事務職として働き始めて二年が経ちますが、自分の仕事の処理能力の遅さに悩んでいます。職場の先輩は優しい人が多く、私の仕事を手伝ってくれます。でも、新人でもないのに、周りに負担をかけてしまっていることが、なんとも心苦しいです。どうすれば、もっと早く仕事をこなせるようになるでしょうか?
(Y・I、男性、24歳)

回答 仕事の流れを整理し、優先順位に従って余裕のある計画を立てよう。

回答者:高橋 修二(生長の家本部講師)

現状に満足せず、仕事の能率を向上させたいという、前向きな心があればこそのお悩みと思います。私も職場の事務局長として九年間勤めていますが、当初は仕事に追いかけられることが多く、あなたのお気持ちがよくわかります。私の心掛けていることでアドバイスさせて頂ければと思います。
 その一つ目は、仕事を進める上での「仕事の流れ」を強く意識するということです。
 仕事は、いくつかの作業が組み合わさっています。例えば金銭出納なら、一日の金銭の出入りを正確に管理するのが仕事となりますが、それには金銭の出し入れをその都度確実に行い、正しい伝票を起こし、さらに伝票を集計して日計表を作り、最後に責任者の確認印をもらうといった、いくつかの作業が考えられます。
 その作業一つ一つに自分がどのくらいの時間を必要とするかを考えるのです。そうすると、夕方四時半までに責任者の確認印をもらうには、四時までに日計表を仕上げ、三時までに伝票を整えるといった仕事の流れが分かってきます。
 これをさらに、月次や年度末の決算について考えてみると、「いつから何の作業を始めて、いつまでに終わらせるのか」が分かり、どの作業を先に行うのかといった優先順位が分かります。仕事の処理能力に速い遅いは確かにありますが、大切なことは、仕事の流れを整理し、優先順位にしたがって計画を立て、実行することだと思います。

計画は必ず目に見える形にする

さらに、仕事の計画を立てたら、その計画は必ず目に見える形にして、日頃から確認がし易いようにしてください。私の場合、ここ何年もシステム手帳を使っていますが、あなたが使い易いもので構いません。私の職場では『日時計日記』を活用している人もいます。
 初めから完璧な計画を立てる必要はありません。実際に作業を進める中で追加や修正も行います。そのためにも、計画はある程度余裕をもって達成できるように立てましょう。朝、一日の仕事を始めるにあたり、今後の計画と、今日やるべき事をはっきり確認してから作業を始めると、仕事はスムーズに進んでいきます。

仕事は他の幸福に貢献すること

また作業方法の改善も大切です。とかく日常業務は繰り返しが多く、自分のやり方に疑問をもたず繰り返してしまいがちですが、やはり改善点はあるものです。あなたの職場には優しい先輩が多いようですので、折を見て相談し、作業方法を改善していくことも必要でしょう。
 さらに言えば、仕事とは自分に本来備わる知恵や愛を、仕事を通して発揮し、他に貢献するものです。仕事を単に生活のための義務のように考えるのではなく、他の幸福のため、さらには自己啓発のために行うものであると、積極的に受けとめて取組むことが、仕事の能率をあげることにつながります。
 生長の家創始者・谷口雅春先生のご著書『あなたは無限能力者』には、毎日の仕事、そして人生を輝けるものとするヒントがたくさん込められていますので、ぜひ読まれることをお勧めします。

このQ & Aは、『日時計24』No.37に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲