TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 仕事がうまくいかず、眠れない日が続いています。

大学では物理学を専攻し、将来は研究職に就きたいと思っていましたが、就職門戸の狭い研究職に就く事が出来ず、生命保険会社の営業の仕事に就き、一年余りが経ちました。もともと内向的な性格のため、毎月、営業成績が下から数えて三番目辺りを行ったり来たりで、心が折れそうになりながらも仕事を続けてきました。最近は、自分への不甲斐なさと、毎日上司に怒られるのではないかという不安感から、眠れない日が続いています。転職を考えた方がいいのでしょうか。
(O・F、男性、24歳)

回答 今、すでに与えられていることに感謝しましょう。

回答者:後藤 富善(生長の家本部講師)

研究職に就きたいという願いが叶わず、慣れない営業の仕事では成績も振るわず、眠れない日々をお過ごしとのこと、心中お察し致します。
 ここで私が、「一刻も早く辛い営業を辞めて次の仕事を見つけてください」と言っても、事態は解決しません。なぜなら、この世の中には「心で認めたものが実現する」という“心の法則”が存在するからです。
 例えば、「幸せを願っているのに不幸になった」とか、「金持ちになりたいのになれない」ということがあります。一見願いが叶っていないように思いますが、実は心の奥底で、「今、自分は不幸せ」であり、「今、自分は貧乏」だと心で認めているから、それが心の法則によって実現してしまっているのです。

問題が与えられるのは魂の進歩向上のためです

それでは、どのように行動したら良いかというと、今、与えられている生活の明るい面に心を振り向けて、感謝することです。生長の家では、そうした生き方を「日時計主義」と言っていますが、世の中の明るい面を認めていくと、明るい人生が展開します。
 今、つらい状況にあるように見えても、空気が与えられている、日光が与えられている、水が与えられている、肉体が与えられている、命が与えられている……と、感謝することは数えあげれば、きりがありません。
 これを実践し続けると、世の中のすべてのものは、自分をいじめているのではなく、逆に生かそうとしていることに気付きます。そのように人生観が変わると、あなたの世界も変わりはじめます。そこから人生がどんどん好転し、自ずと自分にふさわしい道が開けてくるのです。
 私たちの人生には、無駄なものは一つもありません。学校の授業で与えられる問題は、学力向上のためですが、人生も同様で、さまざまな問題が与えられるのは、あなたの魂の進歩向上のためです。
 あなたも今回の体験を通し、人生をよりよく生きるためにはどうすれば良いのかと悩まれています。つまり、現状の自分に違和感を覚えられたのですね。それは、「本当の自分」はこんなものではないと分かっているからです。「本当の自分」のことを、生長の家では「人間は神の子であり、完全円満な存在である」と説いています。あなたは大丈夫です。成功をお祈りします。

(生長の家北見教区教化部長)

このQ & Aは、『日時計24』No.39に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲