TOP > Q & A > 仕事問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの仕事上での問題は?

質問 パートの仕事が忙しすぎて悩んでいます

私は食品から日用雑貨まで扱うディスカウントスーパーで、パートで働く主婦です。店は毎日開店と同時にお客さんがなだれ込むほど繁盛しているのですが、私の悩みは仕事が忙しすぎることです。四、五時間休憩がなく、黙々とレジを打ち続けています。お客さんが途切れないため、お手洗いにすら行けないのです。このことがストレスになって偏頭痛が頻繁ひんぱんに起き、体調が悪く、休暇のお願いをすると、露骨に嫌みを言われます。もう体力的にも、精神的にも限界です。主人は「もっとゆったりした仕事を探したら」と言ってくれますが、人手が足りず、円満退職できるかどうかも不安です。心の持ち方で解決するでしょうか。
(A子、52歳)

回答

回答者:阿部 陽子(生長の家地方講師)

家庭を持つ女性が働くということは、家事と両立しながらになりますので、ご苦労も多いと思います。しかし、仕事のストレスで疲れ果ててしまい、家に帰ると、〝優しい言葉も笑顔も、もう売り切れました〟ではいけません。
 私も以前は販売職に就き、とても忙しい職場で、辞めることばかり考えていました。そんな時、他の職場を求めて、面接に行った先の店長さんが、「その大変と思うことを、楽しんだらいいじゃないですか」と言ってくれました。その言葉を聞いて、もう一度、今の職場でがんばろうと思いました。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は『新版 生活の智慧365章』の中で、「仕事をするときには、の『今』を純一無雑じゅんいつむざつに仕事に集中して、神が『今』この仕事をさしめたまうのであるとかんじ、『われ今神とともにこの仕事をす』と信じ、そのごとく念じながら感謝しつつ仕事をすがよい。過ぎ去りたるものをなげくことなく、きたらんとするものをうれえることなく、『今』をよろこび感謝して生きるとき、その人の生活は常に幸福であるのである」(57ページ)とお説き下さっています。
 ご縁をいただいた「今」に対して、不平不満をもつのは、自らが立つ根元に毒をくようなものです。逆に、感謝という肥料を与え、喜びの花を咲かせれば、ご主人がおっしゃるように、新たな環境へと移ることも、スムーズに展開していくことでしょう。
 人生は、数ある選択肢から一つを選び、歩んで行くものです。それはまさにご縁の連続です。良い縁を引き寄せるために、ぜひ神想観、先祖供養、愛行を行って下さい。祈りに徹することで、「来るものはすべて神様が与えて下さったもの、去るものは自分にとって必要がないもの」と信じ切る自信と強さが身につきます。

このQ & Aは、『白鳩』No.43に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲