TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 突然フラれた彼女が諦められない

1年前から付き合っていた彼女に突然フラれてしまいました。その理由は「結婚してもあなたのお母さんとはうまくやっていけない」からです。これ以上の付き合いは、お互いに時間の無駄だと言われてしまいました。確かに母は口やかましく、私も嫌になったりします。でも、二人にとって母は何の障害にもならないと説得するのですが、どうしても分かってくれません。私は彼女の心優しさに惹かれたので、こんなことでは諦めきれず、彼女のアパートに何度も訪ねました。しかし、どうしても会ってくれず、ストーカーみたいなことは辞めて欲しい、と言われてしまいました。どうすれば彼女の気持ちをこちらに向けさせることができるでしょうか。
(K・Y、25歳、男性、愛媛県)

回答 最も相応しいときに最良の相手が必ず現れます

回答者:小林 成生(生長の家本部講師)
彼女の幸せのみを祈ることです

あなたのつらいお気持ちを察します。今時の安易な恋愛感覚の若者も多い中、純粋で優しい青年だと思いました。今のあなたには酷かもしれませんが、彼女を結婚相手として考えるには、ちょっと違っているのではないでしょうか。何故ならば、別れる理由をあなたのお母さんのせいにしています。確かに、女性のこれからの一生を決める上で、結婚相手の両親や彼を取り巻く環境、また彼自身の仕事や経済力といったものも、ある程度考慮すべき事柄ではあります。が、本当に純粋な心で相手を好きならば、どんな障害があっても、二人で解決して一緒になろうとします。
 お母さんを理由にしているということは、彼女の気持ちが今一つ無いことの現れではないでしょうか。今の状態では、追えば追うほど彼女は窮屈になるだけだと思います。本当に彼女のことを愛しているのなら、彼女を自由にさせて、心を解放してあげることです。
 本当の愛とは、相手が喜び、幸福になるように行動すること。とても歯がゆく大変な事かもしれませんが、彼女を追わずに、彼女の幸せを真剣に祈ってあげることです。
 また、お母さんに対しては、「いつも自分のことを考えてくれてありがとう」と、感謝の気持ちを抱くことが大切です。ただ、親への感謝をどう理解し、受け止めるかが大切なポイントになります。これは、何でも親の言いなりになることではありません。親の言うことは、自分を思って言って下さっているのだと、受け止めることです。それと同時に、あなた自身の理想や思っていることをハッキリと言うのです。すると、あなたも大人なんだと、お母さんも安心なさるのではないでしょうか。まず、あなたがお母さんのことに理解を示し、感謝の気持ちが持てるようになれば、お母さんのことを好きになっていきます。すると、口やかましい母とは、決して思わなくなるでしょう。

今の彼女が全てではありません

あなたはまだお若いですから、もっと素晴らしい出会いがあるに違いありません。このように悩まれたということは、これからのチャンスに恵まれる第一歩とも考えられます。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、『私はこうして祈る』(日本教文社刊)の中の「良き配偶者を得るには」で、次のように述べておられます。

〈結婚対象者は多いが、ちょうどよい相手はいないものである。自分の生命の半分の相手はたった一人しかいないからなのである。この数多い男女の中から、真の自分の相手をみつけるには、次の如く祈るがよい。(中略)
「神の心の中には唯ひとり、私の魂の半分が存在するのである。わが魂の底の底なる自覚にはその相手がどこに今いるかを知っているのである。どこに私の魂の半分がいようとも、愛は磁石的な力であるから、自分の魂の半分が必ず相互から近づくことになって、調和して祝福された状態で結ばれることになるのである。神様、わが半分の魂を造りたまい、幸福なる結婚にまで導き給いつつあることを感謝いたします」〉(179〜180ページ)

あなたの魂の半分が彼女なのか、それとも別の人なのかは分かりませんが、この祈りによって必ずやあなたの人生は素晴らしいものとなることでしょう。
「最もふさわしい時期に、最もふさわしい方が必ず自分の前に現れてくる」このことを信じて、明るい未来展望を持って、前向きに過ごして下さい。そうすれば、必ずやあなたの人生にとって最もふさわしい結婚相手が現れると確信します。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成15年6月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲