TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 退職すべきか悩む主人をどう支えたらいいのか

主人が勤める百貨店が希望退職者を募ることになりました。37歳の主人は毎日深夜まで仕事をし、休日出勤も月に4回。家へ仕事を持ち帰ることもあります。しかし店長が言うには、残ったら今以上にきつくなるし、転勤や出向も避けられないとのことでした。主人はもう限界にきていて、辞める方向で考えているようです。本人の意思に任せようと思う反面、再就職先はあるのかと考え込んでしまいます。妻としてこの状況をどう支えていけばよいのでしょうか。
(A・O、30歳、主婦、福岡県)

回答 愛があれば、転職しても、しなくても、素晴らしい人生が待っているはずです

回答者:多湖 周子(生長の家本部講師)

あなたの今の状況を思い浮かべるとさぞ、不安な日々を送られているのではと思います。しかし、あなたは妻としてこの状況を支えたいというのですから、もうすでに解決の方向へと向かっていますね。人生にはさまざまな起伏があり、あたかも困難と見えるような出来事があるかもしれません。リストラ、転職、希望退職等、あなたのご主人もその中の一つに遭遇しておられるのでしょう。

困難を克服したところに魂の生長がある

まず、第一にあなたが知らなければならないのは、あなたにとって困難と見えるこれらの出来事は、決して克服できないようなものではないということです。それどころか困難を克服し、前進することによって人間の魂は素晴らしい生長を遂げるという事実を知らなければなりません。
 夜中まで仕事をされているご主人、転勤や出向が避けられないかも知れない状況。どちらも私から見ると悪いこととは思えません。むしろ素晴らしい展開があるかも知れないのです。ご主人が仕事をやめたいのであれば、この機会に将来の事についてじっくりと話し合われることをおすすめ致します。
 仕事の能率が上がらないのか、それとも責任感が強くて帰宅が遅くなるのか、具体的な事は文面では分かりません。しかし、どのような状況にあっても、あなたが本気でご主人を愛し信じているならきっと全てが整ってくるはずです。たとえ全世界の人が自分を信じてくれなかったとしても、愛する妻が自分を信じて明るい笑顔で接してくれるなら、夫は無限の力を発揮できるものです。
 ここで私の友だちの体験を紹介しましょう。Aさんのご主人が最初の転職を決めた時、Aさんは大変悩み、不安で一杯になりました。なぜならご主人は某一流企業の重役だったからです。しかし冷静に考えてみると悩んでいることは全て生活やお金の事だということに気付いたのです。
 夫に対して感謝と愛の足りなかった自分を一つ一つ反省していくうち、夫に優しくなっていく自分を発見しました。その後も夫が転職するたびに、夫婦の絆が強くなり、だんだんと信頼し合うことの大切さを学んでいきました。
 また、「ご主人の素晴らしさを心に強く描くこと」が祈りであるという事を知り、それを実行しました。最近、ご主人は4度目の転職をしました。彼女は「主人は今月で退職するのよ。でもきっと又いい仕事を見つけてくると思うわ!」と明るく話していました。その言葉の奥にご主人への強い愛があるのを感じました。

妻に愛され、信頼される夫は力を発揮する

このように夫をどこまでも信頼できる妻となれたのは転職という背景があったからではないでしょうか? たとえ困難と見える状況があったとしても、人生に無駄なものは一つも無いのです。
 人生とは神様から与えられた「愛」を表現する舞台です。妻に愛され信頼される夫は力を発揮できるのですが、信じてもらえない夫はなかなか力を発揮できないものです。仕事や財産と結婚しているわけではありません。そんなものは何億円あっても「愛」と比較する事など出来ないのです。
 愛することの楽しさや素晴らしさに変わるものはこの世にはありません。愛があれば転職してもしなくてもあなたたちに素晴らしい人生が待っているはずです。あなたの愛と祈りによってご主人の本当の素晴らしさを引き出し、これからも仲良く人生を歩んで下さい。

(生長の家秋田教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成15年11月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲