TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 結婚適齢期を過ぎてしまうのではと焦っています

私はこれまで男性と深いつき合いをしたことがありません。両親は見合い話をもってきてくれるのですが、本当にこの人が最良のパートナーなのかどうかと思うと判断できないのです。このままでは適齢期を過ぎてしまうのではないかという焦りもあります。よい結婚相手と出会うために自分はどうすればいいのですか。
(T・M、27歳、女性、青森県)

回答 人にはすべて魂の半身がいます。最もふさわしい時期に必ず出会えると信じて自信をもちましょう

回答者:高木 榮作(生長の家本部講師)

結婚はよく第二の人生の門出だといわれていますね。本来、生命そのものは一つの魂でありますが、人間はこの地上に肉体を持って誕生するとき、男性と女性とに分かれ、異なった個性をもって生まれます。
 生長の家では、いのちが生まれ育ったところにはすべて陰と陽があり、陰陽の調和が神の創られた世界の法則であると説いています。陰陽両性に分れていた男女半分づつの魂が、結婚により結ばれることで円満な人格が完成し、新たなよきものが生れることになるのです。
 あなたは男性との深いつき合いがなく、ご両親は見合い話をといわれているようですが、まずご両親の愛を感謝して受けて下さい。相手を選ぶのには、恋愛でも見合いでもよいと思います。

素直な心で人のアドバイスを受けることも大切

結婚相手を外形だけで判断してはいけないと思います。しかし相手の雰囲気、第一印象、これは外形を超えた相手の人間性を知るのに大切なものです。もちろん相手の人と充分話し合い知りあうことは必要です。
 もともと一つの魂である相手(魂の半身)は必ず1人すでにどこかにおられます。まずあなたがそのことを信じ、自信を強く心に持つことだと思います。焦る心では正しい判断はできません。
 適齢期についても人それぞれ違いますので、あなたの本来一つである魂の半身を見出した時が最高の時期ではないでしょうか。それにはご両親の意見も充分に聞き、愛情に感謝することを忘れないことです。見合いの話があれば素直に受けることも、人生経験豊かな親や第三者のアドバイスを受ける心のゆとりをもつことも大切なことだと思います。
 焦る心をなくすには、心を集中して、祈りをぜひ実行して下さい。『聖経 真理の吟唱』(生長の家創始者・谷口雅春著、日本教文社刊)の「幸福なる結婚を招く祈り」をご紹介します。

「神は“一つの魂”を陰陽二つの肉体に分割して宿し給い、たがいに相呼(あいよ)ぶ半身の魂として“愛”というものの美しさと、深さと、切実さとを体験せしめ給うたのである。それ故に、純粋なる男女の相愛(そうあい)は奇(く)しくも美しく深く切実なるものであるのである。その純粋なる極(きょく)においては決して肉体の欲望などを感じないのである。もし、肉体の欲望を感ずるならば、みずからそれを恥じ、羞(はず)かしく思うものである。純粋なる恋愛においては肉体の欲望満足を希(こいねが)うどころか、肉体が死しても、魂が彼と一体となることをこそ希うのである。恋愛の本質は一つの魂が、二つに分れて、たがいにその半身なる伴侶を呼ぶのであるから、未だその半身を見出さずにある人も、必ずその半身なる魂が何処かにいて、彼を呼んでいるのである。
(中略)一つの魂の半身を見出し得ざる人よ。必ずその半身が、あなたと同じくその半身を呼んでいることを自覚せよ。既にあなたの半身は今既にそこにあるのである。あなたたちはそれを信ずることによって互いに相逢(あいあ)う時がくるに違いないのである」(39〜43ページ)

また、『私はこうして祈る』(谷口雅春著、日本教文社刊)の「良き配偶者を得るには」には、次のような祈りの言葉が記されています。

「神の心の中には唯ひとり、私の魂の半身が存在するのである。わが魂の底の底なる自覚にはその相手がどこに今いるかを知っているのである。どこに私の魂の半分がいようとも、愛は磁石的な力であるから、自分の魂の半分が必ず相互から近づくことになって、調和して祝福された状態で結ばれることになるのである。神様、わが半分の魂を造りたまい、幸福なる結婚にまで導き給いつつあることを感謝いたします」(179〜180ページ)

どうぞこれらの祈りを繰返し続けて下さい。必ず心が落ち着いて安心でき、勇気が溢れ出て来ます。

魂の半身は必ずあなたを呼んでいる

素晴らしい結婚とは、あなたに最も合った人と結ばれることです。そのためには日常生活を通じて明るい気持ちで身近な人々に深切を尽くし、人のお役に立つ生き方をして下さい。必ず良き相手が現れ見つかります。
 半身と結ばれることによって独身の時には想像できなかった力が出てきます。長い人生のうちには相手と意見が異なることもあるでしょうが、自分の思いだけを押し通そうとせず、意見は充分交換しながら相手に合せて行くことも必要だと思います。半身ならば意見を聞くことも相手に合せていくこともでき、一層一体感が深まるものです。
 生命は明るく積極的であることを望みます。大いなる夢を描き、理想実現のためよき結婚相手を見出して下さい。想像するだけでも心がうきうきして楽しくなってきますね。どうか幸福な結婚相手を選び、ご両親をはじめ多くの人々から祝福を受け、お幸せになって下さい。

(生長の家岐阜教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成16年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲