TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 結婚の条件を満たしてくれる相手と出会いたいが

これまで見合いを7回しましたが結婚相手に出会えません。優しくて家庭を大切にしてくれる人であることはもちろんですが、年収や仕事の内容がいつもネックになります。親は、今の不況の時代、そんなにいい条件の人はいないと言いますが、私にすれば、将来の分からない時代だからこそ、相手の収入や職業に妥協したくないのです。親は愛が大事と言いますが、生活が苦しいと愛は続かないと思います。こんなことを言うのはわがままなのでしょうか。
(S・K、32歳、女性、滋賀県)

回答 人を幸福にするのは物ではありません。心が豊かな人は、どんな環境の中にいても幸せを感じます。

回答者:阿部 博之(生長の家本部講師)

世の中にはたくさんの独身男性がいて、また、独身女性がいます。ところが、結婚相手を見つけることはなかなか容易なことではありません。何を基準に結婚相手を選ぶか、そして、結婚の理想をどこに置くか、しっかりとした考えを持つことは大切です。
 心に強く思うことは、必ず成就しますから、結婚したいというあなたの願いはいつか叶うことでしょう。しかし、年収とか職業とかを提示して、これに合った方と結婚する、というようには、うまくいかないものです。

“心”があなたの人生を創る

物がたくさんあれば、あるいは、お金がたくさんあれば幸せかというと、必ずしもそうではありません。かと言って、無くても困りものです。世の中は“丁度いい”、別な言葉でいいますと“釣り合い”というのが大事なことがあります。
 あなたは結婚相手の年収や職業にこだわり、親は愛の方に重きを置いているのですが、物と心と、どちらを第一に考えるべきでしょうか。
 まず言えることは、物が第一であれば、物が増えたり減ったりするたびに一喜一憂する、そんなことになってしまいます。現実問題として、お金なんてあっという間に無くなってしまうものです。結婚生活もお金が無くなってしまえばそれで破綻してしまうかもしれません。
 私たちの住む世界、この世の中は、“心”で創られている世界であると知ることが大切です。心の持ち方で、あなたはどんな人生でも創り出すことができるのです。生長の家ではそれを「唯心(ゆいしん)の所現(しょげん)」と言います。
 では、幸せとは何でしょう! 心が豊かな人は、どんな環境の中にいても幸せを感じ、喜びいっぱいに生活しています。
 結婚は人生のゴールではありません。スタート台に立つということです。収入の良い人と結婚したから幸せになれるかというと、必ずしもそうはいきません。大切なことは、どこを向いて結婚生活を出発するかということなのです。結婚とは、二人で人生諸般の価値を共有しながら、魂を高め上げ、磨きあって行くことに意義があるのです。
 あなたも、相手の表面のことばかりにとらわれないで、結婚の本質を見極めましょう。ご両親は結局、そこのところをあなたに言いたいのだと思います。
 結婚は当事者はもちろん、ご両親もご先祖様も、一家のみんなに関係することです。親の言うことも深く考えてみてください。
 あなたの結婚の相手ということですが、この世には「親和律」という心の法則があります。これは、「類は友を呼ぶ」というように、似たものが集まってくるのが世の常であり、それが宇宙の法則なのです。あなたの考えに似た人、波長の合った人がいつか必ず現れます。

良い配偶者を得るための祈り

生長の家創始者・谷口雅春先生は、ご著書『私はこうして祈る』(日本教文社刊)で「良き配偶者を得るには」と題して、次のような祈りを紹介していますので、毎日唱えて下さい。必ずあなたにふさわしい半身が現れると信じています。

「神の心の中には唯ひとり、私の魂の半分が存在するのである。わが魂の底の底なる自覚にはその相手がどこに今いるかを知っているのである。どこに私の魂の半分がいようとも、愛は磁石的な力であるから、自分の魂の半分が必ず相互から近づくことになって、調和して祝福された状態で結ばれることになるのである。神様、わが半分の魂を造りたまい、幸福なる結婚にまで導き給いつつあることを感謝いたします」(179〜180ページ)

(生長の家静岡教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成16年10月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲