TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 彼氏がほしいのに何年もいなくて焦っています

大学時代に初めて男性と付き合い、2年ほどで別れました。以来、ここ何年も好きな人すらおらず、彼氏もいません。姉は私の今の年齢で結婚し、幸せな生活を送っています。私の友達にも彼氏や好きな人がいます。「どうして私だけ! どうして私は一人なの?」という悲しみと怒りを心の中で叫んでいます。そろそろ結婚したい年齢なのに、彼氏も好きな人すらいない自分はおかしいのではないかと思う半面、本当に彼氏が出来るのか不安になります。友人の恋愛相談にのっても、心の中では腹立たしく思ったりします。こんな私にも彼氏ができるでしょうか。今の自分が嫌いなので助けて下さい。
(E・R、26歳、女性、愛知県)

回答 「人間・神の子」の自覚を深め、愛を与える生き方をしたとき、最もふさわしい時期に半身と出会います。

回答者:渡邉 真紀(生長の家本部講師補)

E・Rさん、お手紙拝見しました。あなたのお気持ち、とてもよく分かります。私も仕事上、あなたが抱えるような悩みの相談を受けることがよくありますし、未婚の女性なら多少の差はあっても、同じような思いを感じるのではないかと思います。彼を求める気持ち、それはごくごく自然な感情です。あなただけが特別ではありませんから安心して下さいね。
 生長の家創始者・谷口雅春先生著『真理の吟唱』(日本教文社刊)の「幸福なる結婚を招く祈り」には、「神は“一つの魂”を陰陽二つの肉体に分割して宿し給い、たがいに相呼ぶ半身の魂として“愛”というものの美しさと、深さと、切実さとを体験せしめ給うたのである」(39〜40ページ)と説かれています。
 求める心が起こってくるのは、あなたの中にすでにその相手がいるからなんですね。
 E・Rさん、この世界のどこかに、あなたを待っているパートナーが必ずいるのです!そのあなたにとっての大切なパートナーは、今あなたを探し、迎えに行くための素敵なマシンを組み立てていると想像してみましょう。あなたは準備はできていますか?
 世界60億を超える人類の中から、あなたという存在を探し出すためには、あなたがピカッと輝くことが大切になります。E・Rさんは今、輝いていますか? 残念ながら自分を嫌いと書いているあなたは、今は曇ってしまっているかもしれませんね。
 今の自分が嫌いとのこと、それはなぜかというと、自分自身に自信が持てないからではありませんか?そして自信を持てないのは、あなたが自分自身の本質を知らないから、もしくは誤った人間観を持っているからです。本当の自分自身を知ったら、自分を好きにならずにいられないですよ。自分を好きになり愛することで、人は自信を持って、輝いて生きていくことができるんですね。

愛を与える生き方は人を光り輝かせる

E・Rさん、あなたの本質は「神の子」です。あなたの本質は、無限の智恵、愛、生命に満たされた、かけがえのない尊い尊い存在なんですね。そしてあなたがなぜ生まれてきたかというと、その「神の生命」をこの世に現し出すために、あなたは今ここにいるのです。そして神は愛ですから、私たちはこの地球で、愛を学び高め合うために、共に出会い、家族となり、愛し合っていくのです。私たちは愛するために生まれてきたんですね。
 E・Rさん、このことを知らないと、これからあなたが仮に彼氏と出会い、結婚したとしても、本当の意味で幸せになることはできません。あなたが自分自身の本質を知り、何者なのかを知ることが、幸福な人生を歩む第一歩となります。
「自分自身が神の子だ」という自覚が深まると、自分を好きになるだけではなく、自分をとりまく周囲の人や、事、物を愛し、感謝することができるようになっていきます。その中でも特に、あなたの一番身近であなたを愛し、見守り続けてくれているご両親に、「生んでくれてありがとう!」と心から感謝できるようになります。そしてそこからこそ、本当の意味で幸せな人生への扉が開かれていくのです。
 その扉を開くのは、あなた自身ですよ。あなたは人生の主人公です。その扉を開き、「神の子」の自覚を深め、愛を与える生き方ができるようになる時、あなたはどんどん光り輝いていくことでしょう。そして最もふさわしい時期に、最もふさわしい方と出会うことができますよ!
 E・Rさん、まずはお近くの「青年誌友会」(教えを学ぶつどい)、「花のつどい」(未婚女性のつどい)にお越し下さい! 最寄りの教化部(布教・伝道の拠点)に問い合わせて、生長の家のつどいにぜひ参加して下さいね! そこでは、生長の家の根本真理や、また「神想観」という生長の家の瞑想法、正しい恋愛観、結婚観等を学ぶことができます。生長の家の教えで、幸せな人生の扉を開いていきましょうね!

 

このQ & Aは、『理想世界』平成19年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページを参照して下さい。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲