TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 夫の浮気が心配で、感情をぶつけてしまいます

結婚して3年目になります。夫は仕事の帰りが遅く、家で一人で待っていることが寂しくてたまりません。あまり遅いときは、携帯電話に何回も電話をかけてしまったり、泣いて怒ったりしてしまい、感情が暴走してしまうと止められなくて苦しいです。私はたぶん、夫が浮気をするのが一番怖いんだと思います。結婚後、夫が出会い系の人とメールをしていたのを発見したことがあります。夫を疑う気持ちが時々どうしようもなくなってしまい、夜が遅いと安心できないのです。それが夫には窮屈なのだそうです。「奥さんとしてどんと構えて」と人から言われても、今の私にはとてもできません。これからもこんな気持ちになる時にはどうすればよいのでしょうか。
(F・N、27歳、女性)

回答 「愛されること」より「愛すること」を考え、家庭では明るい笑顔を心がけましょう

回答者:花田 研(生長の家本部講師)

あなたのご心配はよく分かります。それは、ご主人を愛しておられればこそであって、夫に関心がなければ、そういう気持ちも起こりません。しかし、心配する気持ちは分かりますが、あまりご主人を縛ってしまっては、かえって逆効果です。人間は誰でも「縛られれば逃げたくなる」のが常なる心情です。
 現実に、ご主人が浮気をしているわけではないのですから、「浮気するのではないか」と心配するのは、取り越し苦労です。不幸を予想する者には不幸がやってきますし、幸福を予想する者には幸福がやってきます。まず、ご主人を信じることが大切です。
 しかしあなたは、「そう言われても、それは頭では分かるけれども、現実を前にすると不安になってしまう」とおっしゃるでしょう。まず、あなたの潜在意識の中から不安を追い出してしまうことが必要です。
 そのためには、ぜひ次のことを実践してください。

1、心配することをやめる。取り越し苦労、持ち越し苦労をすることをやめる。悪いことがくるかも知れぬと思うことをやめる。
2、「必ず善いことがやって来る」と、朝目が覚めたとき、三度の食事の前、夜眠る前の、1日5回、それぞれ20遍ずつ心に唱える。
3、人の欠点を見ない、人の悪口を言わない。
4、人の美点だけを語る。
5、何か人の親切になることを、1日一つ以上実行する。

 以上を実行すると、「言葉の力」で、あなたの心の底の潜在意識の不安が消えていって、よき種がまかれます。種から芽がでてよい実を結んでくれます。

あなたの微笑ほほえみが夫婦調和を実現させる

さて、「与えよ。さらば与えられん」は聖書の言葉ですが、これは真理です。この世界では、与えたものが自分に返ってくる。愛情もそうです。ご主人に「愛されたい」ばかりではなく、ご主人を「愛する」ことが必要です。
 まず、ご主人の出勤前には、「行ってらっしゃい」と、にこやかな顔をして、愛情の瞳で見詰めて見送ってください。そして、ご主人がどんなに帰りが遅くなっても、「あなた! 遅かったわね!」ではなく、「今日も1日ご苦労さま」と心から迎えましょう。そして、家庭では明るい笑顔を心がけましょう。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、「幸福になるにはず微笑みなさい」と題して、次のようにお示しになっておられます。

「微笑みなさい。喜びなさい。そして『私は神の子だ』と思いなさい。其処そこから万事が愉快に解決するようになるのです。すぐ、あなたの行きづまっている問題が解決しないにしても、微笑するときから、一層すべてがよいように、方向がかわってくるのです。しかもその微笑が、『人間は神の子だ、幸福になるより仕方がないのだ』と云う考えから出発したものである場合には、更に更に一層あなたを幸福にするのです」(『新版 真理』第1巻、日本教文社刊、298ページ)

明るい顔が、明るい心をつくり、明るい運命をつくります。そして、家庭においては必ず夫婦調和が実現します。お幸せを、心からお祈りいたします。

(生長の家山形教区教化部長)

このQ & Aは、『理想世界』平成20年3月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲