TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 交際がうまくいかず、恋愛の意味がわからなくなって

今、付き合って1ヵ月の彼がいます。彼とは同じ学校のサークルで知り合い、私から告白しました。彼には好きな女の人がいたのですが、私と付き合ってくれました。でも、私が連絡を小まめにとらなければ向こうからは連絡はこないし、放っておけば自然消滅してしまいそうです。多分、私のこんな迷いが彼に伝わり、交際がうまくいかなくなっているんだと思います。つい見返りを求めたり、もっと他にいい人がいるのではないかと思ってしまう自分が嫌です。私は自分の精神を成長させてから恋愛をすべきなのでしょうか。恋愛していく意味が分からなくなってしまいました。
(T・Y、19歳、女性)

回答 明るいところや善いところのみを思い、表現する生活が、あなたの魂を高めてくれます

回答者:興梠 康徳(生長の家本部講師補)

交際を始めて1ヵ月というあなたですが、1日も早くこの問題を解決されたいお気持ちは文面からよく伝わってきます。
 あなたは恋愛がうまくいっていない原因を、自分自身の心の問題だと思われていますね。だから「つい見返りを求めたり、もっと他にいい人がいるのではないかと思ってしまう自分が嫌です」という言葉になったのだと思います。
 生長の家では「天地一切のものに感謝する」ことを教えています。また、生長の家創始者・谷口雅春先生は「神に感謝し、周囲の一切の事物に、周囲のすべての人々に感謝するだけではなく、自分自身に感謝することを忘れてはならないのである」(『如意自在の生活365章』日本教文社刊、198ページ)とお説きになりました。  交際がうまくいかず、つらいことと思いますが、まずは自分に感謝して、自分を好きになることから始めてみませんか。
 人生は山あり谷ありです。でも、そんな浮き沈みに関係なく、どんな人でも必ずや良いところがあるはずです。あなたもご自分の長所を見つけて、それに感謝することから始めてみてはいかがでしょうか。初めは馴れないでしょうが、自分の長所を探しているうちに、自分に感謝することが出来るようになると思います。
 そして、付き合っている彼に対しても感謝の気持ちを持つことです。もちろん両親への感謝も忘れないで下さい。
 また、あなたは「自分の精神を成長させてから恋愛をすべきなのでしょうか」と書いておられますが、精神の成長は目には見えないし、成長のゴール地点がどこにあるかも普通はわからないので、その判断はご自分では難しいのではないでしょうか。
 私はむしろ、現在の交際の経験の中にあなたを成長させるきっかけがあるように思います。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は、「人生の困難」について次のようにお説きになっています。

「人生においてわれらに課せられる学科は決して、われらの、その時の発達の程度において到達解決できないような困難なものではないのである。自分の魂の現在の発達の程度に応じて、努力さえすれば掘鑿くっさく できる程度のちょうど適当な困難さが用意されているのである。だから一見如何いか に抜きがたき困難と見える事態に遭遇しようとも、結局それらは私たちの克服し得る力量の範囲内にあるのである」
『聖経 真理の吟唱』日本教文社刊、103ページ)

あなたの悩みも困難なものに感じるでしょうが、実はあなたが必ず乗り越えられる問題であり、よりあなたの成長に繋がるということです。特にあなたは、一つのことを真面目に考え、自分と真剣に向き合える方のようなので、きっと大丈夫です。

自分や彼の良いところを探していく

今後の彼との付き合い方、恋愛の仕方についてですが、恋愛には正解なんてありません。色々な形があります。親子ほど年が離れているカップルもあれば、年に2、3回しか会えない遠距離恋愛をされている方もあります。しかし恋愛の形がどうであれ、本当の愛とは決して見返りを求めず、ひたすら相手の幸せを信じる「放つ愛」であるということは知っておいて下さい。
 相手から求めてばかりいる心は、それが満たされないと苦しくなります。あなたから「愛を与える」ということが必要です。それにはまず、先ほども述べたように、すべてのものに感謝の気持ちをもつことが大切です。そして、生長の家では、明るいところや善いところのみを思い、それを表現する「日時計主義の生活」の実践を勧めています。自分の善いところや彼の善いところを見つけてノートや『日時計日記』(生長の家刊)に実際に書いてみるとよいと思います。
 私にも彼にもこんな良いところがあったんだ、と探しながら自覚していくうちに、明るい気持ちになり、毎日の生活に喜びが湧いてくるのです。彼との交際がどうなるかは分かりませんが、少なくともあなたの成長した姿が必ずみられると思います。
 今、あなたに必要なのは目先の結果ではなく、魂の生長にあるのではないでしょうか。今回の経験を生かし、幸せが訪れることを信じています。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成20年7月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲