TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 心配ごとや争いごとが絶えない夫婦。楽しく暮らしたい

結婚して十年を迎え、二人子供がいます。一見平凡な家庭なのですが、夫婦揃って心配ごとや争いごとが絶えません。私は勤め先の景気が悪く、いつまで仕事を続けられるのか不安があり、家内もパートに出るべきかどうかを心配しています。家では家内は私が子供の面倒を見てくれないとか、家事をあまりしてくれないとか言ってよくグチをこぼします。でも私は努力しているつもりなので家内に不満があります。子供は何かとよく病気にかかり、高熱を出すたびに家内も私もどうしようとあわてています。そういうように、いつも葛藤したり腹を立てたり、心配したりして心が穏やかではありません。夫婦仲良く、何の不安もなく楽しく暮らしていきたいのですが。
(B・K、36歳、男性)

回答 あなたが変われば、そこは「光の世界」。明るいコトバを家庭や職場で表現していきましょう

回答者:牧野 尚一(生長の家本部講師)

生長の家では「人間は本来『神の子』で完全円満であり、無限の力を持ち、病気や不幸におちいったりすることはない」と説いています。あなたも、あなたの奥様も、お子様たちも皆、素晴らしい「神の子」です。
 しかし、身の回りの環境に思わしくない姿が現れているとしたら、人の「心」は何でも自由に造り出す力がありますから、その「心の影」として、「神の子」らしからぬ様々な姿が映し出されている、というわけです。
 お子様が病気になりやすいというのは、ご夫婦の精神(心)が不調和や不安定であることが影響している場合があります。
 生長の家創始者・谷口雅春先生著『生命の實相』(全40巻、日本教文社刊)をはじめ、生長の家の真理が書かれている聖典・書籍をお読みいただいて、「人間・神の子、完全円満、無限力」の真理を深く理解していただくと、環境が調ととのってきます。合宿形式で短期間で生長の家の真理を学び、生活への実践方法を学べる「練成会」へのご参加も、ぜひお勧めします。

明るいことだけを心に思う生活を始めよう

さて、その素晴らしい「神の子」の本当の姿―これを「実相」と申しますが、その「神の子」の「実相」を引き出すには、「コトバの力」を活用するのが一番です。
 毎朝、起きた時に「私は神の子・完全円満、これから毎日あらゆる点で一層良くなる」と二十回唱えて、あなたの「神性しんせい仏性ぶっしょう」を礼拝らいはい讃嘆さんたんしてください。生長の家では、思念、表情・態度、発声音を「コトバ」といい、この「コトバの力」を駆使することで明るい人生を創造することができます。
 奥様、お子様も素晴らしい「神の子」ですから、遠慮なく奥様の素晴らしさ、お子様の素晴らしさを口に出して表現してあげてください。
『日本経済新聞』の生活情報週刊紙「日経プラスワン」(平成二十一年九月五日号)の「夫婦がほれ直すとき」という特集のアンケートで、妻が夫にほれ直す第一位は「感謝の気持ちを言葉や態度で表してくれる」ことでした。いかに、言葉や表情・態度での表現が喜ばれるかがよく分かりますね。
 どうぞ、ご自身の素晴らしさはもとより、奥様、お子様の素晴らしさを積極的に表現して、明るい、楽しい家庭生活を送って下さい。あなたが“感謝”一杯に、家庭で職場で太陽のように輝きだしたら、あなたの周囲はたちまち「光の世界」に変わってきます。
 すでに与えられて“あるもの”を発見し、感謝する生活、これを生長の家では、太陽が輝く時刻のみを記録する日時計にならって「日時計主義の生活」と名づけています。あなたも、明るいこと、楽しいこと、良いことだけを心に刻むこの生活法を実践して、光輝く人生をお送り下さい。
 問題があれば、人生最高の“パートナー”であるご夫婦で何でもよくご相談されたら良いですね。その際には奥様を「神の子」と礼拝・感謝して、明るく、楽しく、仲良く、快活に、常に前向きな姿勢で相談しましょう。すると、神様からの良いアドバイスやアイディアがいてきて、物事が万事好都合に進展していきます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成21年12月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲