TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 結婚する気のない彼。このまま付き合っていくべき?

私は四歳下の彼とお付き合いしています。私も彼もバツイチで、子供はいません。私は彼と結婚したいと思っていますが、彼は結婚は今はしたくないみたいなのです。理由は、結婚すると好きだという気持ちが無くなるため、いつまでも恋愛のままでいたいとのことです。私は一緒にいることで芽生える感情の喜びや、家族の絆を作っていく喜びを彼と味わっていきたいと伝えましたが、彼の心にどう響いたか分かりません。彼に気持ちがないのなら別れようと思いましたが、あきらめられず一年半が過ぎました。彼は私を大事にしてくれ、ずっと一緒にいたいと言ってくれます。私の父は数年前に亡くなり、母は寂しい思いをしています。母のためにも早く孫を抱かせてあげたいという気持ちもあります。私はなんとか彼と良い方向に行けたらと願っていますが、このままあきらめずにお付き合いして行くべきか迷っています。
(K・U、31歳、女性)

回答 彼はあなたのことを愛していないのでは? 神の御心みこころにゆだね、互いを見つめ直す時間を持つことです

回答者:古田 圭司(生長の家本部講師補)

お互いに愛をはぐくみ合い、明るい将来を夢見て結婚し、希望にあふれた生活を始めるのですが、月日が過ぎると、お互いの欠点などが見えてきてけんかをしたり、我慢できなくなって離婚まで進んでしまうことがあります。あなたと彼がどのような理由で“バツイチ”になったのかはわかりませんが、生長の家創始者・谷口雅春先生は次のようにお示し下さっています。

「『多くの人達がいま失望し、不幸の境遇にあるのは、それはおおむね借り過ぎになっているからである』(中略)最初の結婚に失敗したというのは、“前世の約束ごと”の中に、なお負債おいめを果たしていない“借り過ぎ”があったからである。それを果たすことによって、借り過ぎの負債がなくなり、二度目の結婚によって、借り過ぎのない新生活に入ることになり幸福が得られるのである」(『愛はかくして完成す』日本教文社刊、229頁)

離婚すれば、過去のことが一切なくなるわけではなく、“卒業”したわけではありません。しかし今度の彼は、「結婚すると好きだという気持ちが無くなるため、いつまでも恋愛のままでいたい。結婚は今はしたくない」とのことですが、まだ彼は“卒業”できていないと思います。
 そしてなによりも、「結婚すると好きだという気持ちが無くなる」という感情は、本当にあなたのことを愛してはいないのではと疑問に思います。彼は、あなたといっしょにいて心地良いだけで、“結婚”による責任は負いたくないと感じているのではないでしょうか。
 結婚にまで到達しない、“内縁の妻”とか同棲のような行動は不純不浄であり、結婚によって家庭をつくりその家庭生活において人格の完成を目的とするのが清浄な恋愛であると思います。

魂の深いところからの愛であるかが問題

「結婚して家族の絆を作っていく喜びを味わっていきたい」とあなたが希望されているように、本当の恋愛は、互いに夫婦になる決意をし、霊肉ともに永遠に一体となることであります。そして、結婚した後も長く、お互いに足らないところを補足しながら人格の永遠なる完成に努力することに結婚の意義があるのです。
 今のままでは、あなたにとって不幸になるように思われてしかたがありません。お母さんのことを気に掛けていらっしゃいますが、あなたはまだ若いのですから、彼とは一度別れてお互いを見つめ直す時間を持ってはいかがでしょうか。
 あなたから結婚をせがんだりするのはよくありません。「魂の深いところからの愛の要求」が彼から感じられ、彼から結婚を申し出られるまでじっくり待った方がいいと思います。
 その間、あなたは「神様! ○○さんと私とを結ばせたまえ」というふうに、相手を指名するのではなく、「御心みこころにおまかせします。御心のままに成らしめたまえ。御心は自分にもっともふさわしい人を与えたもう」と信じ、感謝をもって念じることです。
「神様! 私に最も適当な人を、適当な時期にお与え下さいませ」と真剣に祈って見て下さい。きっと、よい結果が与えられます。

 

このQ & Aは、『理想世界』平成22年1月号に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲