TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 主人との不和に悩んでいます

主人とは三年前に出会い、楽しく過ごしていける人生のパートナーと感じて、一年半前に結婚しました。ところが、今では主人の生活態度のだらしなさにイライラし、我慢できずに喧嘩をしてしまいます。一番大きな問題は、式を挙げたのに、まだ入籍をしていないことです。私はずっと気になっていて主人に伝えていますが、「めんどくさい」「忘れていた」「忙しくて」と言って受け流されてしまいます。私にとって主人は大切な人であるし、両家の両親にも心配をかけたくないので、できれば二人で笑顔で仲良く暮らしていきたいと思っています。でも、こんな状態が続くなら別れた方が良いのかとも考えてしまいます。
(A子、41歳)

回答

回答者:大久保 恭子(生長の家本部講師)

大勢の方々の祝福を受けて結婚され、本来なら今が最高に幸せな時であるはずですね。しかし、ご主人が入籍をせず、生活態度もだらしがないというのでは、喧嘩してしまう気持ちも分かります。
 ただ、ちょっと考えていただきたいのは、ご主人はどんな気持ちでいるかということです。ご主人に、ああしてほしい、こうあってほしいと望み過ぎると、ご主人は縛られたように感じ、逆にあなたに聞く耳をもたなくなってしまいます。ですからまず、ご主人がどんな思いでいるのか、その心の響きを感じとることが大切です。その上で、ご主人の立場になって考え、ご主人が喜ぶことをしてあげてはいかがでしょうか。
 谷口雅春先生は、『新版 女性の幸福365章』に、次のように説かれています。「愛するということは(中略)相手の間違まちがいをみつけることではない。実相の円満完全さを見つけ、その実相のみが実在であるとして、彼を愛し、彼の内に宿る完全円満なるものを引き出すことなのである」(212ページ)
 主人の足りないところに目を向けるのではなく、既にある素晴らしいすがたを引き出すように努めることです。そうすれば、ご主人はもちろん、あなた自身も嬉しく楽しい気持ちになって、少々のことは気にならなくなると思います。
 この広い世界の中で出会い、結婚したという深い縁に感謝し、ご主人の実相の素晴らしさを信じて下さい。あなたのそんな心に接したら、ご主人は「一生、この人と一緒にいたい」と思うようになるに違いありません。そうなれば、入籍も自然に実現の方向に進んでいくはずです。
 あなたは、ご両親思いの優しい方ですから、きっとご主人にも、その優しい心で接することができると確信しています。心より幸せをお祈りします。

このQ & Aは、『白鳩』vol.20に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲