TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 早く結婚したいが親が反対します

私は同じ大学で知り合った男性と付き合うようになり、彼とは結婚の約束をしています。両親にはすぐにでも結婚したいということを伝えましたが、「学生だから早い」とか「自分でお金を稼げるようになってからにしなさい」と言って認めてくれません。私は親には迷惑をかけないつもりだし、アルバイトをしながら彼と生活していく自信はあります。親をどう説得すれば、結婚を認めてもらえるのでしょうか。
(S・T、女性、19歳)

回答 結婚には、人それぞれに「素敵なタイミング」がある

回答者:佐藤 安信(生長の家地方講師)

結婚の約束を交わした二人にとっては、一日も早く二人の生活を実現したいと強く思うのも当然で、特に女性はその気持ちが強いものです。
 でも、ご相談に対する私の答えは、親御さんのおっしゃることも一理あるということ。どうしても学生の時に結婚しなければならないという必然性が、少し希薄に感じられます。だから、今すぐ結婚することに、こだわらなくてもいいのではと思われます。
 その理由として、一つには、結婚すればやがては出産や子育てということも起きてきますね。そうなると、そのことにかかりきりとなって、なかなか自分の時間が取れません。卒業までの残された時間というものは、大変貴重な時間ではないでしょうか。
 もう一つの大切な理由は、結婚には、人それぞれに「素敵なタイミング」があると思われるからです。  じつは私も大学生のとき、今の家内と結婚したいと思いました。しかし、私の両親、相手の両親がともに結婚に反対していて孤立無援の状態が続いていたため、「駆け落ち」という言葉が具体性をもって迫ってくるほどに追い詰められていました。
 このどん底の状況下で、さらに追い討ちをかけるような、事態を悪化させることが起きたのです。それは私の大学での留年です。これには本当に困りました。
 そのパートナーにどう話したらよいものか……。いやもう結婚なんて望むべくもない、自分の人生そのものをこれからどうしたらよいのか、でも打ち明けないわけにはいかない。どうしよう……。
 焦燥感と絶望感にまれながらも、実情を正直に話しました。そのときの彼女の悲しみ、嘆き、苦しみはどれほどだったでしょうか。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。でも、彼女は絶望しませんでした。
 生長の家を信仰している私は、全てを神様におまかせするしかないと思い、神様の創られた完全円満な世界を心に描く「神想観」(生長の家独得の座禅的瞑想法)を、それまでにも増して真剣に行いました。

「周りから祝福される」ことを大切に

ここからが不思議なところです。どん底に落ちてなんの希望も見出せないなかに、ちょっとした変化が生まれてきたのです。その変化の一番初めは、あれだけガンコに反対していた彼女の父親が、「これだけ反対しても心が変わらないのであれば、二人の思いは本物なのだろう」と結婚を認めてくれるように変わったことです。
 真っ暗闇の中に、曙光しょこうきざしが現れてきました。それでも彼女の母は強行に反対して、「絶対に認められない」とがんばっていたのですが、その母を、夫である父が説得してくれたのです。やがて「それならば早いほうが」ということで、あれよあれよという間にさまざまな日程が絶妙のタイミングで決まっていきました。
 そして私が大学在学五年目になる年の春に、周りから祝福されて結婚式をあげることができたのです。  この“周りから祝福されて”というのが、とても大事なことだと思います。世間にはあらゆる反対を乗り越えて、最後は幸せな家庭を築かれている人もいらっしゃいますが、特に大きな問題がないかぎり、周りから祝福されて結婚できる方がいいですよね。
 ですから、あなたも、自分には必ず「素敵な結婚のタイミング」が訪れると信じることです。ご両親をはじめ、周りの多くの人々に祝福されて結婚されることを祈っています。

このQ & Aは、『日時計24』vol.31に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲