TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 彼の幸せが憎いです。

私は以前、学生時代から付き合っていた彼がいましたが、突然「好きな子ができたから」と一方的に言われて別れることになりました。結婚も考えていただけにショックで、今でも彼のことが忘れられず、気持ちの整理がつきません。最近、人づてに彼が新しい彼女と結婚したという話を聞きました。私は今もつらい思いを抱えているのに、自分だけ幸せになっていく彼が憎くてしようがありません。どうしたら、この思いから解放されるでしょうか。
(K・M、女性、23歳)

回答 あなたの本来の素晴らしさを覆い隠す憎しみを捨てましょう。

回答者:前田 智子(生長の家本部講師)

彼との出来事は、あなたにとって、とても辛いことでしたね。今でもあなたは、彼のことを思っておられるのですから、気持ちの整理をつけるのはなかなか難しいかもしれません。
 しかし、そんな気持ちでいても、現実を変えることはできないし、心が傷つくばかりで、これからの人生を幸せに生きていくことができないでしょう。あなたが将来、ステキな人に出会って幸福な結婚をするためには、彼を憎むのではなく、彼の幸せを祈れるような心境になることが必要です。
 そんなことは、今は無理かもしれませんが、必ず出来るようになります。なぜなら、生長の家では、「人間は神の子」であって、すべての人の内に「神の愛」が宿っていると教えているからです。「神の愛」は、あなたの内にも既にあるのです。それは、相手の魂の向上と幸福のために自己を捧げ、何のいも結果も求めない「与えきりの愛」「無償の愛」のことです。

経験を通して魂は成長していく

ひと言で「愛」といっても、色々な段階があります。愛と「恋愛」とは混同されがちですが、「恋愛」の感情には、相手を自分のものにしたいというような執着を伴いますから、求めた愛が得られない時は、愛が憎しみに変わり、辛く苦しい思いをすることになるのです。ですから、あなたが彼を憎く思うのも無理はありません。
 しかし、そのような苦しみを経験するのは、あなただけではないのです。人は誰でも長い人生の中で、親や兄弟、子供や夫婦、恋人や友人との関係のなかで、あるいは動植物や自然に至るまで、様々な愛を経験し、その経験を通して魂の成長をげていくからです。
 もしあなたがいつまでも彼を憎んでいると、かえってその憎しみに縛られ、本来のあなたの「神の子」の素晴らしさがおおい隠されてしまいます。少しでも早く彼を許して、あなたの本来の素晴らしさを覆い隠している憎しみを捨て去り、あなたもステキな人を見つけて幸せになって下さい。

まず、両親に感謝しましょう

生長の家では、伴侶はんりょのことを「魂の半身」といいます。一つの魂が半分に別れて、その魂が再び結び合い、夫婦として完成するのです。彼が他の女性と結婚したのは、あなたの半身ではなかったからでしょう。あなたにも必ず素晴らしい「半身さん」がいらっしゃいます。その素晴らしい「半身さん」に出会うためには、明るい感謝の生活をすることがとても大切です。
 まず、ご両親に感謝しましょう。あなたの両親への思いは、人間関係の基礎となるものです。父親への思いは男性との人間関係を、母親への思いは女性との人間関係を左右しますので、ご両親への感謝は最も大切です。
 さらには、自分の周りの人や物や事の良い面を見て感謝しましょう。感謝の心は明るい人生を創ります。そのような生活を続けていけば、きっと彼の幸せを祈れるようになり、あなたにもステキな半身さんが現れ、幸せな人生を送ることができるでしょう。

このQ & Aは、『日時計24』vol.35に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲