TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 彼への嫉妬しっとで苦しい。

私には付き合って二年になる彼がいますが、最近、彼がフェイスブック(Facebook)を通じて、女友達とやり取りをしていることを知りました。と言っても、大したやり取りをしているわけではなく、「コメントをつけてくれたから、それに返事をしているだけだよ」と彼にも言われ、納得したつもりでした。でも、内心は嫉妬のかたまりで、彼を自分だけで独占したいという想いに駆られます。どうすればもっと楽な気持ちになれるでしょうか。
(K・S、22歳、女性)

回答 “愛”と“好き”との違いを知りましょう。

回答者:木村 翔子(生長の家地方講師)

楽しいはずの恋愛に、何とも言えない心苦しさを感じていらっしゃるあなたの気持ち、お察しいたします。どうすれば、あなたのおっしゃる通り“もっと楽な気持ち”で恋愛することができるでしょうか。
 はじめに、あなたに質問します。もし、あなたと彼が逆の立場――あなたが男友達とフェイスブックでやり取りすることに、彼が嫉妬を感じている――としたら、どのように感じるでしょうか。「彼は心の底から私を愛してくれている」と感じられますか? 彼にもっと信用されたいと感じませんか?
 恋愛について考える時に、まずあなたに知っていただきたいことは、“愛”と“好き”とは異なるということです。“好き”という感情には、あなたのお悩みのように「独占したい」というような相手を縛る心が含まれるものです。反対に、真の愛は、「自分と相手が本来一つの生命である」との自覚から始まります。ただ相手の幸せを願い、相手の喜びが自分の喜びとなり、その自由を尊重するのです。
 生長の家では、「人間は神の子である」と説いています。あなたは神の子として神の万徳を受け継いでいるのですから、神が「無限の愛」であるように、ただ愛し、ただ与える時、生き甲斐や喜びを感じられるのです。もし先ほどの質問に対し、あなたがそう感じるなら、自分がそうしてほしいと思うように、彼を真に愛してあげてください。
 フェイスブックで彼が女友達とのやり取りを楽しんでいるなら、まず彼の誠実さを信じ、一緒に楽しむくらいの心の余裕を持ちましょう。

父親に感謝していますか

もう一つ質問します。あなたは、ご両親から愛されていると心から感じていらっしゃいますか? 認められていない、愛されていない、などと思っていませんか? 両親は神の愛の具体的表現ですから、両親がどのようであれ、その中に愛を見出した時、神の愛を理解し、心の底から自信を得ることができます。
 特に女性であるあなたが、父親に対して心の葛藤がある場合には、恋人にその代償を求め、もっと認められたい、もっと愛されたいという気持ちや、見放されるのではないかというという不安、寂しさ、嫉妬を感じやすくなるものです。あなたにそのような傾向がないか、今一度見つめ直してみてください。
 正しい恋愛観や結婚観を養うと共に、「人間・神の子」の真理を学び、両親への感謝を深め、あなたがあなたらしく輝く方法をわかりやすく学ぶことのできる、生長の家の練成会や誌友会に参加することを強くお勧めします。

さらに魅力的な女性になるためにも

最後に、二十代前半というあなたの年代は、学問や仕事、趣味を探求し、様々な可能性を切り開く上でも最良の時期です。恋愛だけでなく、自分のもっとも興味のあることに一所懸命に取り組んでみてはいかがでしょうか? 何かにひたむきに打ち込むことで、きっとあなたは、内面から輝き出すことでしょう。たとえ自分の本当にしたいことが決まっていなくても、どんな小さなことでも良いですから、人を喜ばせることをしてみてください。
 彼との関係において、本当の愛について学び、互いの人間性を高め合うことのできるすばらしい恋愛となりますよう、念願いたします。

このQ & Aは、『日時計24』vol.38に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲