TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 運命の相手にめぐり会うには?

僕は、生まれてから一度も、女性と交際したことがありません。何度か友人に女性を紹介してもらったこともありましたが、どの女性とも付き合うまでには至りませんでした。あせる気持ちがつのる一方で、もしかしてこのまま一生、独身なのではと考えたりもします。こんな僕にも運命の相手は現れるでしょうか?
(H・K、男性、24歳)

回答 自らの人格を磨き、魅力ある人となろう。

回答者:竹村 正広(生長の家本部講師)

結婚する相手とうまく巡り会うことができるか否か――。これは独身の方にとって人生上の重大な関心事であり、「焦る気持ちが募る」という現在のあなたの心境はよく理解できます。
 ですが、物事の成就をはかる上で、「焦り」や「不安」は禁物です。なぜなら、焦りや不安の思いはあなたの雰囲気を暗くし、周囲に悪い印象を与えてしまい、たとえ運命の相手と出会うことができたとしても、暗い雰囲気が相手を寄せ付けなくなってしまうからです。まずは気持ちを切り替え、心を常に明るく保つよう心がけてください。

正しい人間観をもって自己信頼を高める

ところで、生長の家では結婚相手のことを「魂の半身」と呼んでいます。このことについて、生長の家総裁・谷口雅宣先生は、『日々の祈り 神・自然・人間の大調和を祈る』(生長の家刊)に収録された「『魂の半身』を讃美する祈り」のなかで、次のように説かれています。

 「“魂の半身”とは不足を補う便利な手段ではなく、互いの知恵を与え合い、愛を与え合い、生命力を与え合って、地上に家庭や家族、協力者、共同事業者、伴侶はんりょというような、『個』を超えた『結び合い』『生かし合う』姿を具体的に表現するための、掛け替えのないパートナーです」(191ページ)

 このような尊い「魂の半身」と出会うためには、自らの人格向上をはかり、相手から見て魅力ある人となるよう努力することが大切です。
 魅力ある人となるには、自分自身に対して自信を持つことが必要ですが、これには正しい人間観を持つことが根本となります。単に表面的な肉体が自分だと思っているのでは、本当の意味での自信を得ることはできません。なぜなら、肉体には欠点もあり様々な欲望もありますから、そんな自分に対して心の底から自信を持つことは難しいからです。
 生長の家では、人間は肉体ではなく、肉体の奥に完全円満なすばらしい生命を宿しており、その生命を「神の子」と呼び、それが本当の人間である、と考えます。肉体は「神の子」である生命が表現活動を行うための道具であり、人生はその表現活動を行うためのステージなのです。この真理への理解を深めることによって、自己信頼の度合いは増していきます。

両親や先祖に感謝する

そのためには、真理の説かれた生長の家の書籍を繰り返し読んだり、生長の家独得の座禅的瞑想法である「神想観」を行ったり、両親や先祖に感謝の思いを深めることが大切です。
 私自身も、この重要性に気がつくまではことごとく恋愛は成就しないばかりか、何事も中途半端で終わってしまうといった状態でした。しかし、両親への感謝や先祖に対する供養くようの大切さに気付き、神想観を欠かさず行うようになったり、「ご先祖様、ありがとうございます。お父さん、お母さん、ありがとうございます」といった感謝の言葉を繰り返し唱えるように努めると、運命や環境が大きく好転しました。
 現在では、生長の家青年会の活動で知り合った女性と結婚し、五人の子宝にも恵まれ、楽しい毎日を過ごしています。どうぞ明るい希望を持って積極的に日々の生活を送ってください。

(生長の家富山教区教化部長)

このQ & Aは、『日時計24』vol.38に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲