TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 片思いの恋愛から抜け出すには?

好きな人と一緒に遊びに行ったり、食事に行ったりしていた私は、「ここまで仲良くなれたから」と思い、告白しました。ところが、「そんなつもりじゃなかった」と言われ、フラれてしまいました。デートの時は、いつも楽しそうにしていたのでショックが大きく、女性不信になりそうです。どうしたら片思いの恋愛から抜け出せるでしょうか?
(M・H、28歳、男性)

回答 あなたの中に既にある「神の愛」を表現しよう

回答者:竹嶋 裕之(生長の家本部講師補)

好きだった女性にフラれた時のショックは大きいものですね。私も同じような経験があります。でも、そこから学んだことも数多くあり、今は素晴らしいパートナーと出会って、幸せな結婚生活を送っています。
 今はつらいでしょうが、あなたの心次第でいくらでも運命が開けてきます。『伸びゆく日々の言葉』(前生長の家総裁・谷口清超著、日本教文社刊)には、こう書かれています。

「この人生は、『いかに愛するか』を学習するためにあると言ってもよいくらいである。それほど『愛』の意味は深く、しかも実行が難しい。それは多くの人が考えるような『いた』とか『れた』という感情ではない。正確に言うならば、愛は『神の御心みこころ』である。神は愛である」(159ページ)

両親に感謝していますか?

愛にも様々な段階があり、「好き」なだけでは相手を幸せにはできません。それは相手に執着し、相手が去っていこうものならいきどおりさえ感じるものです。真の愛はただ与え、放つ愛です。こうした「神の愛」を最も表現しているのが私たちの両親です。
 両親は私たちの人生の出発点ですから、両親に感謝できないと、自分の存在を肯定できず、人間関係も上手くいきません。特に母親は世の女性の代表ですから、母親に感謝できないと周囲の女性にも感謝できないという事になります。

「神の子」の自覚を深めよう

また、あなたが理想の女性と出会うためには、「神の子」の自覚が不可欠です。
 『日々の祈り』(生長の家総裁・谷口雅宣著、生長の家刊)にはこうあります。

「もし私が、人生の伴侶はんりょをいまだ見出せずにいるならば、それは"自己内奥ないおうの本質"において既にすべてを与えられていることを忘れ、一個の肉体としての自己を本当の自分だと考えているからです。霊的存在である自己を忘れ、肉体的存在である自己のみを自分だと感じているからです」(186ページ)

多くの人は「肉体」を自分だと勘違いしていますが、人間の本質は、神様と同じすべてのモノが与えられ済みの、完全円満な生命そのもの、無限の知恵、無限の愛そのものです。
 この自覚が深まるにしたがって、あなたにもともと内在する「神の愛」を表現することが出来るようになります。こうした人生観を深めて行けば、自然と素晴らしいパートナーにも出会えるでしょう。
 この「神の子」の自覚を深めるため、各地で開かれている生長の家の練成会(合宿して生長の家の教えを学び、実践するつどい)に参加されることをお勧めいたします。

このQ & Aは、『日時計24』vol.52に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲