TOP > Q & A > 恋愛・結婚問題

何でも相談Q&A

Question & Answer

あなたの恋愛・結婚問題は?

質問 彼氏に突然「別れよう」と言われました

つき合っていた彼から、突然「別れよう」と言われました。彼のために一生懸命にご飯をつくったり、彼の部屋の掃除や、洗濯をしてあげたりして、私なりに尽くしたのに、別れ話をもちかけられてからは、彼に話を聞こうにも電話に出てくれず、LINEも返信してくれません。彼との仲をなんとか取り戻したいのですが、どうしたらいいですか?
(21歳、女性)

回答 相手を信じて放つ「本当の愛」を学ぶチャンスです

回答者:澤田 伸史(生長の家本部講師)

彼からの突然の別れ話で、つらい日々を送っていることとお察ししますが、あなたは、とても良い体験をされましたね。なぜかというと、今回の体験を通して、「本当の愛」とは何かに気づき、さらに幸福な人生を歩むことができるからです。 では、「本当の愛」とは何でしょうか。それは「無我の愛」と呼ばれるものです。 例えば、「私は相手が好きだから、相手を自分のものにしたい」というのは「奪う愛」であり、「無我の愛」ではありません。「愛している人に自分を捧げて、ただ与える」という無我献身けんしんこそが、「本当の愛」なのです。

あなたの愛が重たくなるのは…

では、彼のために一生懸命に尽くしていたあなたが、突然の別れ話をされたのは、なぜなのでしょうか? 一つには、あなたの尽くし方が、彼には重たく窮屈きゅうくつに感じられたのかもしれません。「こんなに尽くしたのに……」という思いが強いと、それが彼の心を縛ることとなり、窮屈で逃げ出したくなるものです。 「愛する」とは、相手を心で縛ることではなく、放つことです。例えば、小鳥を愛するならばその小鳥をかごの中に入れ、終始見詰めていることをしないで、籠の扉を開けて小鳥を自由に外に放ってやる。これが本当に小鳥を愛するということです。あなたが本当に彼を愛するならば、彼を縛る心、彼を取り戻したい心を棄て、彼を「信じて放つ」ことが大切です。

祈り─歓喜─微笑─献身のサイクルにのろう

彼を「信じて放つ」ことが自然に出来るようになるために、一日を「祈り」で始めることをお勧めします。 毎朝、目が覚めたら、まず「私は神の子であり、神にまもられていて、今日一日必ず順調に事がはこび、幸福な生活が保障されています」と、生命の底深く念ずるのです。これが最高の祈りです。生命の底深く、自分は「神の子」であり、常に神に護られて幸福であるという自覚が出来てきたならば、自然にあなたの魂が歓喜し、喜びの微笑が湧いてきます。 その次に大切なのは献身です。家事や仕事を「ただ自分を捧げる」という献身の思いでするのです。お金とかのためではなく、ただ献身をした時に感じる喜びは「魂の悦び」であり、これが本当の悦びなのです。 良縁でも幸運でも、偶然にやってくるものではありません。自分の心境や波長にピッタリするものを引き寄せるというのが、心の法則です。この「祈り―歓喜―微笑―献身」を繰り返すことにより、感謝に満たされた生活となり、あなたの心が幸福に満たされるようになれば、さらに素晴らしい恋愛や幸福な運命が引き寄せられることでしょう。

このQ & Aは、『日時計24』vol.66に掲載されました。
こちらから書籍検索できます。

この回答の中に出てくる書籍などについて、詳しいことが知りたい方や申込みをされたい方は、世界聖典普及協会日本教文社のホームページをご参照ください。

<< 前のページに戻る

あなたの悩みにお答えします

◆ 相談・質問をお寄せください ◆

人間関係、仕事、恋愛、結婚、夫婦、家族、健康、教育、進学、性格、希望実現、環境問題、生長の家の教義など、解決の糸口がつかめない悩みや疑問をご相談ください。

内容を詳しく書いて、手紙、FAX、Eメール等で、『いのちの環』(総合誌)『白鳩』(女性誌)『日時計24』(青年誌)のうち該当する編集室宛にお送りください。匿名希望の場合でも住所・氏名・年齢・生長の家の信仰歴を明記してください。掲載しない場合でも、生長の家の教えによって解決を希望される方には生長の家講師等からのご返事をお送りします。
 尚、webサイトに掲載して欲しくないという方は、その旨をご明記ください。

送り先

〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240番地8182 生長の家メディアセンター内

  『いのちの環』編集室「Q&A」係(25歳以上の方)

  『白鳩』編集室「Q&A」係(25歳以上の女性の方)

  『日時計24』編集室「Q&A」係(24歳以下の方)

FAX:055-213-5022

Eメール

  『いのちの環』:inochinowa@kyobunsha.jp

  『白鳩』:shirohato@kyobunsha.jp

  『日時計24』:hidokei@kyobunsha.jp

page top ▲